ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > [経営情報学科]【申込締切延長】公開講座「私たちの身の回りのICT」ご案内(第2報)

[経営情報学科]【申込締切延長】公開講座「私たちの身の回りのICT」ご案内(第2報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月19日更新

公開講座「私たちの身の回りのICT」ご案内(第2報)

 ICT(情報通信技術)の世界は日進月歩であり,多くの新しい技術やサービスが生まれては消えています。それらの多くは私たちの生活を豊かにしてくれる反面,使い方次第では自分自身に不利益を与える原因ともなります。そのため,その仕組みや特徴を十分理解した上で利用することが重要となります。そこで,この講座では,私たちの身の回りにある ICT 技術の中から,いくつかの話題を取り上げ,お話しします。

実 施 要 領

■日 時:平成 28 年 8 月 31 日・9 月 7 日(全 4 回) 水曜日 18:00~20:10
■会 場:県立広島大学 広島キャンパス 1321 経営情報システム演習室 (広島市南区宇品東 1-1-71)
■定 員:20 名
■対 象:どなたでも(一般向けの教養講座です)
■受 講 料:1,000 円

講 座 内 容(9月7日)

 9月7日の内容は以下の通りです。

■IT と自動車の今と未来(18:00~19:00)
 30 年以上前に自動車のエンジンの制御にコンピュータが使われて以来,コンピュータは自動車に欠かせないものとなりました。最近は衝突回避システムなどの安全装備も広く普及しています。さらに近い将来には,自動運転なども実用化が見込まれており,多くの企業や団体で研究が盛んに行われています。この講義では,最近の自動車とコンピュータの関係をわかりやすく説明し,現状の問題点とその未来についてお話しします。

■将棋・囲碁における人間とコンピュータの戦い(19:10~20:10)
 将棋や囲碁をプレイするコンピュータプログラムは,40 年~50 年ほど前に最初のプログラムが作られました。最初は人間のプレイヤーと比べて非常に弱いものでしたが,現在では非常に強くなり,今年 3 月には囲碁の最強クラスのプレイヤーがコンピュータプログラムに敗れるなど,人間の強さを超えたと言われるようにもなりました。この講義では,将棋・囲碁における人間とコンピュータプログラムの対戦の歴史を振り返ります。

申 込 方 法

(1)郵便番号,(2)住所,(3)名前(ふりがな),(4)電話番号を記入した用紙(様式自由)と
(5)82 円切手を貼り申込者の宛先を記入した返信用封筒を,

【平成 28 年 8 月 24 日(水)】(消印有効)

までに下の申込先にお送りください。
受講案内は申込締切日以降にお届けします。
※申込にあたってお寄せいただいた個人情報は県立広島大学公開講座以外の目的には使用しません。

申 込 ・ 問 合 せ 先

〒734-8558 広島市南区宇品東 1-1-71
県立広島大学地域連携センター「ICT 講座」係
電話(082)251-9534(平日 9:00~18:00)

このページのトップへ