ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > [経営情報学科]市村教授が学会から功労賞を受賞しました

[経営情報学科]市村教授が学会から功労賞を受賞しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月13日更新

[経営情報学科]市村教授が学会から功労賞を受賞しました

 2016年12月22日に広島市立大学サテライトキャンパスにおいて,IEEE SMC Hiroshima Chapterから功労賞を受賞しました。
 IEEE SMCは,世界最大の電気電子専門家組織のSystems, Man, and Cyberneticsソサイエティで,古くからあるIEEE ソサイエティの一つです。システム,人間,サイバネティックスの研究分野で,人工知能や情報処理などの研究者から構成される学会です。中国地方では,本学を始め,広島大学,広島市立大学,広島工業大学など,この分野の多くの研究者や学生が参加しております。
 市村教授は,2011年から2014年の間に,この学会のChair(代表)を務め,中国地方のこの研究分野をリードしてきました。2015年にはHiroshima Chapterがその功績を認められ, IEEE SMC ソサイエティからIEEE SMCS Chapter Awardを受賞し,広島における活発な研究活動,若手人材育成(地域における学生の研究指導など)を世界に認知させることができました。学会の会員数も任期中に3倍に増え,学生の研究発表や世界中の優秀な研究者の講演会を実施するなど,数々の活発な活動が高く評価されています。表彰式では,共に活動した役員の皆さんの功労に感謝するとともに,研究活動の成果を地域に還元する重要性などについて,スピーチがありました。
表彰状(功労賞)
表彰状(功労賞)
市村教授による受賞スピーチ
市村教授による受賞スピーチ

このページのトップへ