ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > 【経営情報学科】冨田准教授が国際会議(ビッグデータ関連)でBest Paper Awardを受賞しました

【経営情報学科】冨田准教授が国際会議(ビッグデータ関連)でBest Paper Awardを受賞しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月25日更新

経営情報学科の冨田准教授が国際会議(ビッグデータ関連)でBest Paper Awardを受賞しました

平成2979日~13日にアクトシティ浜松で開催された国際会議「2017 2nd International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering (BCD 2017)」において,経営情報学科の冨田哲治准教授がBest Paper Awardを受賞しました。この国際会議は,International Association for Computer and Information Scienceが主催し2017 5th International Conference on Applied Computing and Information Technology,および4th International Conference on Computational Science/Intelligence and Applied Informaticsと合同で開催されました。

対象となった論文は,「Visualize the longitudinal big text data with a binary covariate: an approach based on keyword's frequencyShizue Izumi, Tetsuji Tonda, Noriyuki Kawano, Kenichi Satoh)」であり,テキストと2値の共変量が経時的に観測された場合,その経時変化を統計的モデルで抽出し,アニメーションを用いて視覚化する方法を提案しました。

Best Paper Award

学会Webページ

2nd International Conference onBig Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering (BCD 2017)

(受賞結果がAccepted Papersのページに掲載されています)


このページのトップへ