ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > 【経営情報学科】経営情報学研究序論が始まりました

【経営情報学科】経営情報学研究序論が始まりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月23日更新

【経営情報学科】経営情報学研究序論が始まりました

昨年度から1年次配当科目として実施されている「経営情報学研究序論」の講義が今年度も始まりました。この科目は,入学後の早い段階から経営情報学科の専門科目や経営情報学専門演習(卒業研究)について,具体的なイメージをきちんと持てるようになることを狙いとして設置されました。教員や学外講師がオムニバス形式で担当して,専門的内容の入り口となるような講義を実施していきます。

初回の講義では学科長の陳教授より,本授業の位置づけと目的について説明があり,その後,オムニバス1回目の講義として,広谷准教授が「経営情報学とは?」というテーマで,経営情報学科のカリキュラム,特に専門科目として学習する3つの分野(経営科学分野,経営情報分野,情報処理分野)の位置づけなどについて解説したあと,現在取り組んでいる研究テーマを紹介しました。第1回講義を受講した学生からは,「この授業を聞いて勉強のモチベーションが上がった」,「自分が今から学ぶ学問がどういうものか知ることができ非常にためになった」,「経営情報についていまいちよくわかっていなかったが,情報とのかかわりや研究内容も理解できてよかった」(抜粋)などといった感想がありました。第2回以降も各教員の担当する専門科目などに関する講義を実施していきます。

経営情報学研究序論20181回目画像1 経営情報学研究序論20181回目画像3

本授業の目的を説明する陳学科長(左)と1回目の講義を行っている広谷准教授(右)


このページのトップへ