ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > 【経営学科】大学生観光まちづくりコンテストで第2位に入賞しました

【経営学科】大学生観光まちづくりコンテストで第2位に入賞しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月11日更新

 9月7日(金曜日)に長崎県長崎市で開催された「大学生観光まちづくりコンテスト2018長崎県国境離島ステージ」本選において,経営学科・和田ゼミのチーム「Ms. まっちゃ」(野口香乃さん,多賀愛花さん,井ノ口瑞穂さん(いずれも3年生))が第2位(優秀賞)を受賞しました。このコンテストは,全国の大学生が観光まちづくりプランづくりを競い合うことを通じて観光まちづくり人材を育成することを目的に2012年度から開催されるもので,今年度は初めて長崎県の国境離島をフィールドに開催されました。

 和田ゼミのチーム「Ms. まっちゃ」は,長崎県の国境離島の1つ壱岐島をフィールドに設定し,資料調査や3泊4日の現地ヒアリング調査を通じて,首都圏の20〜30年代女性をターゲットとする観光まちづくりプラン「イキメン!!〜週末で変わる貴女の未来〜」を企画,提案しました。その結果,23大学30チームがエントリーした中で,予備審査(書類審査)を通過して7日に開催された本選に出場し,出場した11チームの中で第2位(優秀賞)を受賞しました。

 学生たちは入賞できた喜びと第1位(観光庁長官賞)を受賞できなかった悔しさが交錯する気持ちだったようですが,それもプランづくりに本気で取り組んだからこそ得られる感情だと思います。今回の取組みを通じて学んだことを今後の大学生生活や就職活動,さらに卒業後の社会人生活に生かしてほしいと思います。

(文責:和田)

 ゼミ生

第2位(優秀賞)を受賞した和田ゼミ生


このページのトップへ