ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学紹介 > 広報 > メディア掲載情報 > 【メディア掲載】レモン摂取が骨や血圧に好影響(読売新聞ほか)

【メディア掲載】レモン摂取が骨や血圧に好影響(読売新聞ほか)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月17日更新

平成28年4月26日(火曜日)日刊工業新聞Newsウェーブ21/日本農業新聞 掲載

平成28年5月10日(火曜日)読売新聞 掲載

平成28年5月12日(木曜日)産経新聞 掲載

平成28年6月17日(金曜日)日経MJ/日経速報ニュース 掲載

保健福祉学部 理学療法学科 准教授 飯田 忠行

本学とポッカサッポロフード&ビバレッジ,県立安芸津病院との共同研究により,レモン果汁飲料を長期間続けて飲むことで骨や血圧に好影響を与えることを確認したことについて掲載されました。この研究には,理学療法学科 飯田忠行准教授が携わっています。

関連ページはこちら

Ca配合レモン飲料の長期摂取で骨と血圧に好影響(トップページ「県大リサーチNow!」)

【理学療法学科】飯田忠行准教授の研究がRCCテレビで紹介されました

飯田 忠行 准教授の研究者紹介

お問い合わせ先 

県立広島大学三原キャンパス事務部総務課

〒723-0053 三原市学園町1番1号  

電話(0848)60-1120  メールアドレスmsoumu@pu-hiroshima.ac.jp


このページのトップへ