ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 三原キャンパス > 【コミュニケーション障害学科】1年次の授業を紹介します(言語発達)

【コミュニケーション障害学科】1年次の授業を紹介します(言語発達)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月3日更新

1年次の授業を紹介します(言語発達)

「言語発達」では,言語発達について初めて学ぶ学生が,典型的な言語発達の様相および言語獲得過程について基礎知識を習得することを目標としています。

言語発達(保育所見学報告会)

「言語発達」の授業の一環として,乳児期から幼児期までの子どもの行動観察を通して,認知・言語・社会性の発達など,定型発達児の様々な側面の発達について理解を深めることを目的に,保育所の見学実習を行います。
実際に子どもと関わることを通して,子どもとのコミュニケーションの取り方や,各時期の発達の特徴など学んだことを発表する報告会を行いました。
報告会の様子
例年、「言語発達」の授業では、保育所見学の経験から、お子さんたちの姿を思い出して、授業の内容を理解することができたというような感想が聞かれます。

このページのトップへ