ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国際交流 > 国際交流の取組 > トピックス > 平成26年度JICA研修「中小企業振興政策(C)」カントリーレポート発表会が行われました

平成26年度JICA研修「中小企業振興政策(C)」カントリーレポート発表会が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月2日更新

6月2日(月),本学広島キャンパスにおいて,JICA研修団によるカントリーレポート発表会が行われました。  

毎年JICA(独立行政法人 国際協力機構)が行っているこの研修員受入事業では,本学の野原建一名誉
教授がコースリーダーとして研修内容の監修をしています。
一ヵ月間にわたる
研修の初日に実施された本発表会では,アルバニア,アルメニア,ボスニア・ヘルツェゴビナなどの
南東欧地域から
来日した9名の研修員が,各国の地域産業・中小企業振興の現状について発表しました。
発表会では,本学の学生からの英語での質問に対し,研修員が熱心に答える場面もありました。            

 

カントリーレポート発表会の様子

研修会1 

研修会2 

また,当日は研修員の希望により,本学広島キャンパスの食堂にて学生との交流会がおこなわれました。
学生と会話を交わしながらの交流会は,発表会とはまた違った,和やかな雰囲気で進みました。
 

交流会の様子

交流会1

交流会2

   

交流会での記念写真

 交流会3

学長表敬訪問にて

 表敬訪問

研修の最終日(7月8日)には,アクションプラン発表会が本学で開催されます。                                  

JICAの研修受入事業の詳細はこちらをご覧ください。


このページのトップへ