ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域連携センター > 地域自治体との連携による研究成果がでました。

地域自治体との連携による研究成果がでました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月22日更新

~庄原市県立広島大学研究開発助成事業による研究成果第1号~

このたび、本学生命環境学部の教員である江頭直義教授と三苫好治教授との共同研究により開発された「天然鉱石(滑石)を利用した油分吸着技術」が、技術移転機関である広島TLO(広島中区)から、庄原市の長岡鉄工建設株式会社に技術移転されることとなりました(「中国新聞」2006年11月29日に掲載)。

本研究は、江頭直義教授と三苫好治教授との共同により行われてきたもので、平成16年2月には特許出願もされています。さらに、平成17年度からは当該技術を活用した装置の実用化に向けた研究開発を、庄原市が実施する「庄原市県立広島大学研究開発助成事業」による補助金の交付を受けて2年にわたって実施してきており、12月上旬には実用直前の試作機が完成する予定です。
今回の本学教員による研究成果の技術移転は当該技術を用いた装置の実用化に向けたものであり、市と本学の連携によるマッチングの成果といえるものです。

地域連携センターとしては、これからも地域の自治体と積極的に連携し、地域等のニーズ把握と本学区が有する技術シーズをマッチングさせて研究開発に取り組み、より多くの成果を出すことができるよう、その推進に努めていきたいと考えています。

   

191208.jpg

油分除去装置


このページのトップへ