保健福祉学部 保健福祉学科

コミュニケーション障害学コース

コミュニケーションと社会参加,その喜びを知性と熱意で支援する。

こんな人におすすめのコース

  • 言語聴覚士をめざしたい人
  • コミュニケーションと摂食嚥下機能とその障害について学びたい人

何を学ぶの?

言語聴覚士の高度な専門知識と技能を学びます。ことば,認知,音声,聴覚などの問題で生じるコミュニケーション障害と,食べる機能や飲む機能の障害を深く理解し,障害のある人々を熱意を持って支援する言語聴覚士を育てます。

おすすめ授業ピックアップ

  • コミュニケーション障害診断法演習

    配当年次:2年次

    臨地実習の前に,模擬患者で初回面接から想定される各コミュニケーション障害に適した諸検査を実施し,面接と諸検査の結果から評価・診断に至るまでの一連の流れを演習します。

    想定される進路は?

    高度な専門知識と技能,豊かな教養と人間的魅力を有する言語聴覚士として,医療・保健・福祉施設等で活躍することが期待されます。

    • 病院などの医療機関
    • 老人保健施設
    • 障害児者リハビリテーションセンター
    • 児童発達支援センター・通園施設
    • 補聴器等関連企業
    • 大学院への進学 等

    取得可能な資格

    • 言語聴覚士国家試験受験資格

    カリキュラム