ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > カイノキ(Pistacia chinensis ウルシ科)黄葉

カイノキ(Pistacia chinensis ウルシ科)黄葉

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月5日更新
カイノキは、楷樹とかく。キャンパス中庭 はげら池の
ほとりに一対が植えられていて、株元に銘板があります。

孔子廟にも植えられ孔子と縁が深く、科挙の進士に合格した
ものに楷の笏を送ったことから、学問の聖木とされるのだそう。

キャンパス中庭のカイノキの黄葉
雌雄異株で南側の雄株には、今春もたくさんの小花が
総状について咲いてました。風媒花で花弁がありません。

学名が示すようにピスタチオもカイノキの仲間。黄葉は
美しく、岡山県備前市の閑谷(しずたに)学校のものは有名。
カイノキの花
書の楷書(かい書)は、この樹の小葉が軸に対して
直角に階段状(楷の意味)にでることから。

2014年11月12日入船記
カイノキの葉

このページのトップへ