ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ケヤキの花

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月14日更新
人々がサクラに酔う頃、ケヤキの花が咲きます。
雌雄異花で風媒花。花弁はありません。めちゃくちゃ地味~な花です。

雄花は、開花すると雄しべが飛び出してきます(下写真)。
雄花
雌花は、白い2本の雌しべの柱頭が目立ちます(下写真)。
雌花
竹箒を逆さにしたような樹形は美しいですね。
ケヤキの樹形
葉は、はっきりとした鋸歯をもっていて、よく
ケヤキハフクロフシという虫こぶができます(下写真)。
キャンパス内にも中庭周辺などに数本あります。
2202講義室の窓からは花がじっくり観察できます。
ケヤキの葉にできた虫こぶ

このページのトップへ