ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【生命環境学部】教職員がインドネシアを訪問しました。

【生命環境学部】教職員がインドネシアを訪問しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月13日更新

 奥学部長と教学課国際交流担当職員が,1023日から29日まで,マラン市の国立2大学を訪問しました。

 イスラム大学 Maulana Malik Ibrahim マラン校との大学間学術交流協定書に調印を行い,さらに,ブラビジャヤ大学農学部と本学生命環境学部間での学術交流協定を締結することで,同意しました。

 マラン市はジャワ島東部に位置し,標高400 mの穏やかな気候の学園都市で,10以上の大学が集まっています。3国立大学のうち2大学との学術交流が益々進むことが期待されます。

291102インドネシア訪問

イスラム大学 Maulana Malik Ibrahim マラン校との調印を終えて

291102インドネシア

ブラビジャヤ大学農学部との学術交流協定締結協議を終えて


このページのトップへ