ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【生命科学科・生命システム科学専攻】田井教授の論文が国際誌International Journal of Molecular Sciencesに掲載されました。

【生命科学科・生命システム科学専攻】田井教授の論文が国際誌International Journal of Molecular Sciencesに掲載されました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月28日更新

 田井教授の論文が国際誌International Journal of Molecular Sciencesに掲載されました。

以下、論文情報と要旨です。


Miura K, Haraguchi M, Ito H, Tai A

Potential antitumor activity of 2-O-a-D-glucopyranosyl-6-O-(2-pentylheptanoyl)-L-ascorbic acid.

International Journal of Molecular Sciences, 2018, 19, 535

 

要旨:

 高濃度ビタミンC点滴療法は近年注目されている新しいがんの治療法の一つです。副作用が少ない一方で、大量のビタミンCを投与することから腎臓への負担が懸念される問題があります。そこで、少ない量で高い治療効果を発揮するビタミンC誘導体の探索が期待されています。本研究により、当研究室で開発した親油性安定型ビタミンC誘導体である2-O-a-D-glucopyranosyl-6-O-(2-pentylheptanoyl)-L-ascorbic acidが、ビタミンCよりも低用量で抗がん作用を発揮することを見出しました。

Figure

このページのトップへ