ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大学院 総合学術研究科 > 【情報マネジメント専攻,情報学分野(産業コース)】大学院生の学会発表が学生プレゼンテーション賞を受賞しました

本文

【情報マネジメント専攻,情報学分野(産業コース)】大学院生の学会発表が学生プレゼンテーション賞を受賞しました

印刷用ページを表示する 2022年3月31日更新

本年3月に開催された「第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第20回日本データベース学会年次大会)」にて,大学院情報マネジメント専攻1年生の藤岡公平さんが「学生プレゼンテーション賞」を受賞しました。

学会Webページ:https://event.dbsj.org/deim2022/post/awards.html

発表内容:
藤岡公平,岡部正幸,「相互情報量に基づく特徴抽出と順序カーネルを利用した時系列データ分類」

本発表は,時系列データの分類を行う際に利用されるShapeletと呼ばれる特徴的な時間変動について,新たな抽出および利用方法を提案し,その有効性を検証したものです。

藤岡さんは,学部・修士5年一貫教育プログラムを利用して大学院に進学しており,本年3月に修士課程を1年で修了されました。発表内容は学部・修士課程で行ってきた研究をまとめたものであり,その努力が今回の受賞として実を結びました。

今後は,社会においてその能力を存分に発揮されることを期待しています。

藤岡さんスライド
​発表スライドの一部

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)