ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康科学コース

本文

健康科学コース

印刷用ページを表示する

健康科学コースについて


真に豊かで健康な人間生活の実現を目指し,生涯にわたる健康の維持・増進と心身の調和的発達や,長寿社会における生活の質の向上に関して,「食・運動・生体」をテーマに,他者と協働して主体的かつ積極的に取り組む人材を育成します。
健康科学コース
健康科学コースイメージ2

健康科学コースの学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 健康科学コースでは次の基準を満たした学生に学士(地域創生)を授与します。

【知識・技能】
・健康の維持・増進並びに疾病予防を図るために必要な「運動・生体」「食」及び「健康」に関わる専門的知識を身に付けている。
・健康の維持・増進並びに疾病予防を図るための基礎レベルの科学的調査・実験をすることができる。

【思考力・判断力・表現力】
・健康の維持・増進並びに疾病予防に関する新たな課題を発見し,解決に向けて学究的に取り組み,自分の考えをまとめることができる。
・健康の維持・増進並びに疾病予防にかかわる課題について,「運動・生体」「食」及び「健康」の観点から論理的に考察し,解決するための判断力を有している。
・「運動・生体」「食」及び「健康」に関する知見及び自分の考えを,わかりやすく論理的に表現することができる。

【主体性・協働性】
・健康の維持・増進並びに疾病予防を図るために,「運動・生体」「食」及び「健康」を基盤とした取り組みを主体的に企画し,地域社会や地域の人々と協働して実践することができる。

健康科学コースの教育課程の編成の考え方(カリキュラム・ポリシー)

 本学科の教育課程については,中央教育審議会答申「我が国の高等教育の将来像」(平成 17 年)の「各高等教育機関の教育・研究の質の向上に関する考え方」を踏まえ,「21 世紀型市民」の育成・充実を目的としつつ,地域社会の課題を探究するローカルな視点と地球規模の課題を探究するグローバルな視点を併せ持ち,地域社会の活性化に貢献するために必要となる知識と技能を効率的かつ段階的に修得できることを目指します。地域創生学科の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)を実現するために,大学生としての学びの基礎・基盤を固め,豊かな教養を身につけることを目指す「全学共通教育科目」と,強みとしての専門性を身につける「専門教育科目」を配置します。

(1)全学共通教育科目
全学共通教育科目においては,中央教育審議会「新しい時代における教養教育の在り方について(答申)」(平成 14 年2月 21 日)に示された、グローバル化や科学技術の進展など社会の激しい変化に対応し得る統合された知の基盤となる教養を提供し,学位授与方針に記した学修成果の達成に必要な,大学での「学びの基礎基盤」となる力を身につけます。さらに,本学部の教育理念・目的に基づき,新しい時代を担う学生が身につけるべき,「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」を伴った「幅広い教養」と,総合的な判断力を培い,豊かな人間性を涵養するよう適切に科目を配置し,地域課題の発見と解決を目指して行動する力を身につけます。入門段階の学生にも専門知識を分かりやすく興味深い形で提供し,自らの学問を追究する姿勢や生き方を語るなど,学生の学ぶ意欲や目的意識を刺激していくための科目群です。

(2)専門教育科目 
・1~3年次に全コースの領域を横断する「学部学科共通科目」を設定し,3 コースの専門性を学ぶ上で基礎となる科目を幅広く配置します。
・ 1~4年次に健康科学コースの核となる科目群「コア・ユニット」(運動・生体,食,健康)を配置します。「学部学科共通科目」を履修し,3コースに関する専門分野の基礎を学んだ上で,3つの「コア・ユニット」に配置された専門教育科目を体系的に学び,地域での健康科学の創生について更なる探究を行います。また,選択した「コア・ユニット」とは別に他コースを含む「コア・ユニット」の専門教育科目を履修させ,主となる専攻の枠を超えて幅広い専門性を学修することで,多様な専門性の組み合わせによる発展・深耕や,幅広い視野と豊かな教養を身につけることができるようにします。
・4年次に「卒業論文」または「地域課題解決研究」を選択必修として配置します。これまで学修した課題探究の内容及び方法について適切な方法で考察し,論文にまとめることで,その結果を他者に効果的に伝えることができるようにします。

(3)その他科目(卒業要件外)
 本学科健康科学コースでは,教育職員免許状の取得を希望する学生に対して,栄養教諭一種免許状取得に係る「教職関連科目」を配置します。

健康科学コースの求める学生像(アドミッション・ポリシー)

 地域創生学部のアドミッション・ポリシーを踏まえ,健康科学の専門的知識と技能の修得を目指す,次のような学生を求めます。

【求める学生像】
・理科学実験が好きで探究心旺盛な人
・「生体(人体の仕組み)」と健康とのかかわりに興味を持っている人
・「食品・栄養」と健康とのかかわりに興味を持っている人
・「運動」と健康とのかかわりに興味を持っている人
・「健康」に関する専門性を身につけ,地域社会や地域の人々と協働したいと考えている人
・管理栄養士などの健康の維持・増進と疾病予防にかかわる仕事に強い熱意を持っている人
・栄養教諭などの児童・生徒への食育にかかわる仕事に強い熱意を持っている人

【思考力・判断力・表現力】
・論理的に思考し,様々な観点から多面的に考察し,自分の考えをまとめることができる。
・健康科学に関する自分の考えを,日本語でわかりやすく表現することができる。

【主体性・協働性】
・「生体(人体の仕組み)」「食品・栄養」及び「運動」と健康とのかかわりに興味を持ち,健康の維持・増進について主体的に貢献する意欲がある。
・健康の維持・増進並びに疾病予防に関する課題に対して,他者と協働して解決する意欲がある。