ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 保健福祉学部

本文

保健福祉学部

印刷用ページを表示する

保健福祉学部保健福祉学科紹介

 医療ニーズの多様化や急激な少子高齢化を背景としてチーム医療福祉の推進が一層求められている時代において, 地域が抱える保健・医療・福祉分野の諸課題に関心を持ち, 主体的にその解決のための行動を起こすことによって持続可能な地域の発展に貢献できる「課題探究型地域創生人材」を育成します。

看護学コース

保健福祉学部保健福祉学科の人材像を踏まえ,看護師・保健師・養護教諭としての資質を有し,リーダーとして活躍する意欲を持った人材を育成します。

理学療法学コース

保健福祉学部保健福祉学科の人材像を踏まえ,理学療法士としての資質を有し,リーダーとして活躍する意欲を持った人材を育成します。

作業療法学コース

保健福祉学部保健福祉学科の人材像を踏まえ,作業療法士としての資質を有し,リーダーとして活躍する意欲を持った人材を育成します。

コミュニケーション障害学コース

保健福祉学部保健福祉学科の人材像を踏まえ,言語聴覚士としての資質を有し,リーダーとして活躍する意欲を持った人材を育成します。

人間福祉学コース

保健福祉学部保健福祉学科の目指す人材像を踏まえ,ソーシャルワーク実践を担う社会福祉士・精神保健福祉士としての資質を有し,リーダーとして活躍する意欲を持った人材を育成します。

 

コース選択制について

一般入試の入学定員の一部に,複数の分野に興味・関心をもつ生徒を対象とした「コース選択枠」を設けています。学科・コースにおける基礎を横断的に修得した上で,それぞれの専門性を深めていく進路選択の一形態です。

 

 

保健福祉学部の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

「課題探究型地域創生人材」の育成を目指すという全学的な基本理念のもと,保健福祉学部保健福祉学科では, 地域が抱える保健・医療・福祉分野の諸課題に関心を持ち, 主体的にその解決のための行動を起こすことによって持続可能な地域の発展に貢献できる, 次の資質を有する学生に学位(学士(保健福祉学))を授与します。

【知識・技能】

・保健・医療・福祉分野についての高度な知識・技能を有している。

・多職種と連携しながら地域包括ケアシステムを推進できる総合的な実践能力を有している。

【思考力・判断力・表現力】

・保健・医療・福祉分野におけるプロフェッショナルな人材に相応しい高い倫理観及び豊かな人間性を有している。

・科学的探究心や創造性,柔軟性を備え,論理的に思考し客観的に判断できる能力を有している。

【主体性・協働性】

・生涯学び続ける向上心を持ち,地域社会に貢献する使命感を有している。

・専門職職業人として,支援対象者や地域住民,事業者,行政関係者等と協働できるコミュニケーション能力を有している。

保健福祉学部の教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

県立広島大学のカリキュラム・ポリシーのもと,保健福祉学部保健福祉学科では,保健・医療・福祉の「専門教育科目」と専門分野の枠を越えた「全学共通教育科目」について,大学4年間の学士課程を通じて学ぶことができる複合的な教育カリキュラムを提供しています。

 全学共通教育では,大学生としての「学びの基礎・基盤」を固めるとともに,「豊かな教養」を身に付けます。専門教育では,学科を構成する5コースが連携を図りながら臨床・実践教育に重点を置いており,その構成と特色は次のとおりです。

【構成】

「学科共通科目」,「地域包括ケアシステムを発展させる科目」,「専門領域理解の基礎となる科目」,「専門領域特有の科目」で構成しています。

【特色】

・「地域包括ケアシステムを発展させる科目」では, 5コース共通の講義科目・演習科目を1年次より4年次まで切れ目なく配置することにより,保健・医療・福祉の連携を学び,役割認識とチームアプローチの力を身に付けます。

・地域や社会での実践力を養うため,実習科目を配置することにより,実践現場における的確な判断力や主体性,創造性を身に付けます。小グループ教育を推進し,自主性と協働性を培うとともに,科学的思考力についても育みます。

・卒業研究または地域課題解決研究を全コース必修科目としています。

【学修成果の評価】

 中間・期末テスト,レポートやプレゼンテーション,授業への積極的な姿勢のほか、専門領域特有の演習・実習科目では到達度についても評価項目に含みます。原則として複数の評価項目を用いるとともに,その配点割合を示し,学修成果について総合的に評価します。なお,各科目の具体的な評価方法については,コースカタログに詳述しています。

「コース選択枠」による入学生は, 1年次前期には全学共通教育科目を履修するとともに, 5コース共通で履修する専門教育科目のほか, コース別に必要な学科共通科目・専門領域理解となる科目・各コースの概論系を履修します。前期期間中に各コースへの理解を深めた後志望するコースを決定し, 1年次後期からは選択したコースの専門に関わるカリキュラムに則って履修します。

保健福祉学部の入学者選抜の概要(アドミッション・ポリシー)

県立広島大学のアドミッション・ポリシーのもと,保健福祉学部保健福祉学科には,地域が抱える保健・医療・福祉分野の諸問題に関心を持ち, 主体的にその解決のための行動を起こすことによって持続可能な地域の発展に貢献できる「課題探究型地域創生人材」の育成を目標としています。それゆえ, 保健福祉学部保健福祉学科は,高等学校で学ぶ基礎的知識を身に付けた上で,入学後も生涯にわたり主体的に学び続ける意欲がある,次のような人材を求めます。

【知識・技能】

・保健・医療・福祉分野についての専門知識を習得するための基礎学力を有している。

【思考力・判断力・表現力】

・高い倫理観と豊かな人間性を有している。

・問題解決に向けて臨機応変に対応できる理解力や判断力を有している。

・科学的思考力や探究心を持ち,豊かな創造性を有している。

【主体性・協働性】

・自ら主体的に学ぼうとする学修意欲を有している。

・多様性を尊重する視野を持ち, 地域社会への貢献に関心を有している。

・円滑にチームワークを進めることができるコミュニケーション能力を身に付けている。

 

 

 


保健福祉学部保健福祉学科の活動