ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大学院 総合学術研究科 > 【情報マネジメント専攻】教員研究発表会を開催しました

本文

【情報マネジメント専攻】教員研究発表会を開催しました

印刷用ページを表示する 2022年7月7日更新

2022年6月30日(水)に教員研究発表会が開催され,地域創生学部地域創生学科教授 和田崇先生より,「COVID-19パンデミックによるスポーツ活動環境の変化に関する行動地理学的研究」のタイトルで報告していただきました。

講演は和田先生の軽快で楽しい話題を交えながら進められ,COVID-19パンデミックによる我々の生活の変化に関して,スポーツ活動の観点から実施されたアンケートの結果が報告されました。アンケート結果は,広島在住の学生,勤労者,高齢者の三世代に分けてまとめられており,「学生は通学が減ったが,勤労者は通勤が減ってない」「学生,高齢者は球技活動が減っている(球技の種目は異なる)」など,世代ごとの行動要因により,減少するスポーツ活動内容や場所が異なるなど,興味深い結果がたくさんありました。

今後はアンケート結果をさらに分析される模様で,次の研究発表が楽しみです。

また,本発表会は,2年ぶりに対面で実施することができ,我々の行動も少しずつ変わってきていると講演を聞きながら感じました。一方で,オンライン会場も準備し,多くの教職員や学生の皆さんに聞いていただくことができました。

令和4年度情報マネジメント専攻教員研究発表会画像1 令和4年度情報マネジメント専攻教員研究発表会画像2

令和4年度情報マネジメント専攻教員研究発表会画像3 令和4年度情報マネジメント専攻教員研究発表会画像4

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)