ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 研究者の方 > 研究者・研究紹介 > 研究者紹介 > 青柳 充(あおやぎ みつる)

本文

青柳 充(あおやぎ みつる)

印刷用ページを表示する 2022年4月1日更新

研究者紹介

青柳先生

所属: 生物資源科学部生命環境学科 環境科学コース 職位:准教授 学位:博士(学術) 

研究室:庄原キャンパス4401号室 循環炭素資源利用化学研究室

E-mail:aoyagi*pu-hiroshima.ac.jp  *を@に変えてください。

研究内容:https://researchmap.jp/aoyagipu2014 

研究室Web:https://www.pu-hiroshima.ac.jp/p/aoyagi/

研究に関する自己PR

植物細胞壁を構成する高分子(リグニン・セルロース等)を原料に高分子・有機・物理・植物化学の観点から循環性のある高機能・高付加価値材料の開発にかかわる教育・研究を行っています。完全に分解され再生される植物に学びつつ,高性能で付加価値が高い循環型の高分子素材の開発に挑戦しています。 

研究テーマ

・種々の植物からのリグノフェノール等誘導体の調製・構造解析・物性評価

・分子設計によるリグノフェノール等誘導体の機能化・合成・解析

・リグノフェノールの高分子化・コポリマー化・ポリマーブレンド・エレクトロニクス関連素材の調製と評価

・雑草の資源化・親水性高分子化・循環型材料化(合成・分析・物性評価)

・セルロース・ヘミセルロース等炭水化物の利活用・機能付加 

・3500年前の樹木の木材の化学分析にもとづく過去の知見の獲得と素材の特性の未来予測

・地域の課題解決研究(クロモジ・ウルシ・未利用材・雑草の地産地消研究・文化・知恵の継承支援)

研究の特徴・内容

植物は地球の大気圏を循環する二酸化炭素と水を地球外のエネルギーである太陽光を利用して固体化し植物細胞壁を形成します。その構成高分子物質は完全な生分解性を有しており,地球上の炭素循環を支えています。本研究室では植物の循環システムを参考にした多段階滝(カスケード)型リサイクルを念頭に置いて,植物素材を起点とした素材開発の研究を高分子化学・物理化学・有機化学・植物化学を組み合わせて行っています。植物資源を利用する際に循環性を支える化学構造を維持した状態で使用し,廃棄時に植物本来の循環の流れに戻すように設計します。自然から借りた炭素素材を「生態系の資源循環の『流れ』にもどす」,つまり植物の循環利用とは「機能を植物に一時的に借りること(還すことが前提)」であると考えています。植物は循環している物質の流れの中の一形態を示しているにすぎません。循環型社会の実現には、使った後にも意味がある,その自然の循環の形を現代社会の資源の現状と活用,使用後のありかたに反映させることが必要であると考えています。そのために過去・未来50年を視野に入れて「現在の在り方」を考え,植物を物質として扱い素材を作り出し評価しながら「時間の経過」と資源・技術・社会のありようを意識して研究を進めています。

論文リスト

    著書

      知財リスト

      1. 特開2017-043763水溶性高分子材

      2.特開2013-204016 ポリカーボネート樹脂組成物及び成形体

      3.特開2013-006911 熱可塑性樹脂組成物及び成形体

      4.特許3934068 リグニン誘導体を用いた光電変換素子及び光電気化学電池

      5.特許4785732 導電性ポリアニリン組成物、その製造方法およびポリアニリンドーパント 

      専門資格

      1.  危険物取扱者(甲種)

      2.エックス線作業主任者 

      キーワード

      リグノフェノール,リグニン,高分子化学,物理化学,有機化学,光化学,リグノセルロース,雑草,木材,紙パルプ 

      関連するSDGs項目

      SDGs9SDGs12SDGs13SDGs14SDGS15


      所属別一覧