ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 研究者の方 > 研究者・研究紹介 > 研究者紹介 > 大知 徳子(おおち とくこ)

本文

大知 徳子(おおち とくこ)

印刷用ページを表示する 2021年7月12日更新

研究者紹介

所属:地域基盤研究機構地域基盤研究センター宮島学センター 職位: 特命講師 学位: 修士(人間文化学)

研究室:2219

E-mailohchipu-hiroshima.ac.jp   *を@に変えてください。

研究内容:https://researchmap.jp/ohchi/ 

研究に関する自己PR

中近世における宮島の歴史や文化について研究しています。 

研究テーマ

日本史,日本文化史,宮島学,嚴島神社の神事祭礼及び社内組織の変動,本願大願寺の活動

研究の特徴・内容

宮島の嚴島神社・大願寺などには,建造物の他にも古文書や宝物等の貴重な資料がたくさん残されています。現在も嚴島神社等において執り行われている祭や伝統芸能も,過去の宮島の姿を知るための重要な資料になります。これらに加えて,本学で収集した宮島関係の資料を調査・研究しています。また,中近世に宮島を訪れた参詣者の日記や紀行文を読解し,土産物として売られた絵図・絵葉書等を調査することで,宮島の魅力を再発見することを目指しています。 

論文リスト

著書

キーワード

宮島学,地域学,博物館学,日本史,地域史,嚴島神社,大願寺


所属別一覧