ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 研究者の方 > 研究者・研究紹介 > 研究者紹介 > 折本 寿子(おりもと ひさこ)

本文

折本 寿子(おりもと ひさこ)

印刷用ページを表示する 2022年4月1日更新

研究者紹介

折本先生

所属:地域創生学部 地域創生学科地域産業コース 職位:准教授 学位:博士(工学)

研究室:県立広島大学広島キャンパス1617号室

E-mail:orimotopu-hiroshima.ac.jp  *を@に変えてください。

研究内容:https://researchmap.jp/read0142540

研究に関する自己PR

実環境下において,対象とする音の周りには雑音が存在しています.対象物の状態を精度よく推定するためには,雑音除去の技術は欠かせません.雑音除去とは,雑音が混入した観測音から対象音を抽出することを意味していて,言い換えると,結果(観測音)から原因(対象音)を探る逆確率の考えとなります.ベイズ定理は逆確率に整合しており,すでに多くの分野で利用されています.ベイズ定理を利用し,観測音から効果的な情報を効率よく利用した状態を推定する方法を考えています. 

研究テーマ

気導音と骨導音を利用した雑音除去,機械の異常診断,音環境システムの評価,ベイズ推定 

研究の特徴・内容

道路交通騒音や音声,機械等から発生する音・振動などを情報源とし,発生源の状態推定を行う研究をしています.本研究では,直交展開型ベイズ定理を活用し多くの課題研究に取り組んでいます.直交展開型ベイズ定理とは,有効な情報を効率よく取得し,観測音との相関関係を推定式に導入したものです.例えば,我々の声は気導音と骨導音を発生させています.気導音は外部の雑音に埋もれて聞こえにくくなりますが,骨導音は雑音にあまり影響を受けません.しかし,骨導音はこもった音なためそのままでは聞き取りにくい問題があります.そこで,気導音と骨導音を利用して,雑音除去をする方法を直交展開型ベイズ定理を利用して提案しました.つまり,音が発生すると音と振動を計測することができ,音と振動には互いに重要な情報を含んでいます.本研究では,発生源の観測音(音,振動)を利用した状態推定を行う研究を様々な音を対象に行っています. 

論文リスト

    著書

      キーワード

      ベイズ推定,信号処理,ノイズキャンセル,機械の異常診断,非線形,非定常,非ガウス

      関連するSDGs項目

      39


      所属別一覧