ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大学概要 > 広報 > メディア掲載情報 > 【メディア出演】保健福祉学部・田口准教授がNHK「お好みワイドひろしま」に出演しました

本文

【メディア出演】保健福祉学部・田口准教授がNHK「お好みワイドひろしま」に出演しました

印刷用ページを表示する 2021年1月26日更新

 令和3年1月21日木曜日午後6時10分から放送された「お好みワイドひろしま」に本学保健福祉学部コミュニケーション障害学科の田口亜紀准教授が出演しました。

 耳鼻咽喉科の医師であり,嚥下(えんげ)や音声障害の治療をおこなっている田口先生が「今こそのどを鍛えよう!」のテーマについて,専門家として解説しました。 

 コロナ禍の今,人と人とのコミュニケーションが少なくなり,声を出す機会が以前より減っています。
 のどが衰えると飲み込む力が弱くなり,咽のむせや誤嚥に繋がります。これを予防するため,のどの機能を鍛える「嚥下おでこ体操」と「ぶくぶく体操」の2つのトレーニングについて実演し,紹介しました。

 本学では,コミュニケーション障害(ことばや声、聴こえの障害)と嚥下障害(飲み込みの障害)に対応できる臨床的能力を持ち,保健・医療・福祉分野を中心に,関連分野で広く貢献できる言語聴覚士の育成を目指し,田口先生のような耳鼻咽喉科の医師や多彩な経験を持つ言語聴覚士が教員として,教育・研究を行っています。

 

   田口亜紀准教授写真

田口亜紀准教授の研究者紹介はこちら。
/uploaded/attachment/16172.pdf

コミュニケーション障害学科(~2020年度)については,こちら。
https://www.pu-hiroshima.ac.jp/soshiki/communication/
コミュニケーション障害学コース(~2021年度)については,こちら。
https://www.pu-hiroshima.ac.jp/site/communicationscienceanddisordersc/

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)