ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大学概要 > 広報 > メディア掲載情報 > 【メディア掲載】理学療法学科 飯田准教授 アミューズメント機器を活用した介護予防に関する研究(日本経済新聞)

本文

【メディア掲載】理学療法学科 飯田准教授 アミューズメント機器を活用した介護予防に関する研究(日本経済新聞)

印刷用ページを表示する 2015年5月25日更新

平成27年5月23日(土曜日)日本経済新聞  掲載

 保健福祉学部 理学療法学科 准教授 飯田 忠行 

 プローバホールディングス(広島市)と広島大学,県立広島大学の共同で,遊技機器を活用して高齢者の介護予防につなげる仕組みの研究に乗り出しました。3年をかけて効果の検証と専用の機器開発を目指し,介護に従事する人材の育成プログラム構築も視野に入れています。

・ 飯田忠行准教授の研究者紹介
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)