ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 広島キャンパス > 【健康科学科】食品衛生学実験(3年生)の授業を行っています。

本文

【健康科学科】食品衛生学実験(3年生)の授業を行っています。

印刷用ページを表示する 2020年10月30日更新

 現在,健康科学科では「食品衛生学実験」の授業を,新型コロナウイルスの感染予防対策を十分にとりながら,対面授業形式で実施しています。

 本授業は「食品衛生学について,実験を通して理解する上で必要となる基礎的な要素を身につける」ことを目的とし,食品等の試料中に含まれる保存料等さまざまな物質について,定性・定量分析を行います。分析には,ガスクロマトグラフ等の機器を用いることで,機器分析の基礎的な手技も身につけることができます。

 食品の安全性に関わる食品衛生の知識・技能の修得,および食品分析の手法理解は,管理栄養士を目指す学生にとって,非常に重要です。久々に会えたクラスメイトと協働して実験を行い理解を深めています。

 本授業は,地域創生学科健康科学コースでも同様に行う予定です。

     shokuhin1 syokuhin2

 

 

 


経営情報学部
大学院 総合学術研究科