ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・地域貢献 > 生涯学習 > 公開講座 > 【メディア掲載】アントレプレナーシップ講座「わたしの起業物語」を開催しその様子が中国新聞に掲載されました

本文

【メディア掲載】アントレプレナーシップ講座「わたしの起業物語」を開催しその様子が中国新聞に掲載されました

印刷用ページを表示する 2023年3月6日更新
hidden

県立広島大学は,令和5年3月4日(土),hiromalabにてわたしの起業物語アントレプレナーシップ講座を開催し,その様子が中国新聞に取り上げられました。

2

会場の様子

始めに,大学院経営管理研究科(HBMS)吉川成美教授による講義「わたしを変えるオシゴト」では,肩書きではなく自分自身が持つ能力や幼い頃から好きだったことなどを考える自己分析や,得たい収入や時間配分などを具体的に考える目標設定の大切さについてお話いただきました。

4

HBMSの吉川成美教授

 

つづいて,株式会社 KAORI LOGO 代表取締役 森かおり氏による特別講義「ワークライフシナジーからの起業」では,人脈や資金がないところからスタートし,コンテストの受賞や補助金制度などを活用しながら乗り越えた創業期について体験談を元にお話いただきました。

3

株式会社 KAORI LOGO 代表取締役 森かおり氏

 

最後に,HBMS3期生の石原かおり氏によるファシリテーションのもと,HBMS2年生の綾木和泉さんと叡啓大学2年生の清水渚さんが加わり,登壇者4名のパネルディスカッションがありました。「スタートアップに必要な環境を整えるには」をテーマに,家族やママ友など周囲のサポートがあった話,子育てをしながらの起業や大学院へ通うことは子供に良い影響を与えているといった話があり,とても盛り上がりました。

3

パネルディスカッションの様子

掲載内容は一部下記より御覧いただけます。

 
掲載日

令和5年3月5日(日曜日) 

掲載媒体

中国新聞 19ページ

起業に必要なスキルは 広島市中区でセミナー 経験者、心構えも語る

関連リンク

起業のポイント、体験談に学ぶ 県立広島大がセミナー

(中国新聞デジタル/会員限定記事)

2年生が「わたしの起業物語-アントレプレナーシップ講座」でパネリストを務めました/お知らせ(叡啓大学)

吉川教授の研究者紹介はこちら


公開講座
講演会・シンポジウム
セミナー・イベント