ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大学概要 > 広報 > メディア掲載情報 > 【メディア掲載】環境科学科三苫准教授が磁性鉄粉を使った汚染度土選別装置を考案(中国新聞ほか)

本文

【メディア掲載】環境科学科三苫准教授が磁性鉄粉を使った汚染度土選別装置を考案(中国新聞ほか)

印刷用ページを表示する 2016年1月22日更新

平成28年1月19日(火曜日) 中国新聞 掲載

平成28年1月22日(金曜日) 科学新聞 掲載 

生命環境学部   環境科学科  准教授  三苫 好治

本学の生命環境学部環境科学科 三苫好治准教授の研究グループが磁性鉄粉を使った汚染土選別装置を考案し,科学技術振興機構の補助金などを活用して,試作機の製造を開始することについての記事が掲載されました。

三苫 好治准教授の研究者紹介

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)