ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大学概要 > 広報 > メディア掲載情報 > 【メディア掲載】生命科学科 荻田研究室が入浴剤の開発を行っています(中国新聞)

本文

【メディア掲載】生命科学科 荻田研究室が入浴剤の開発を行っています(中国新聞)

印刷用ページを表示する

平成29年8月17日(木曜日) 中国新聞 掲載

生命環境学部 生命科学科 教授 荻田 信二郎

 生命環境学部 荻田教授と研究室の学生が取り組んでいる入浴剤の開発についての記事が掲載されました。開発中の入浴剤は,三次市作木町の江の川カヌー公園さくぎ内に来年4月に開業を予定する入浴施設で使用されます。

 今回,荻田教授と研究室の学生は,作木町などで摘んだ野草を乾燥・焙煎させ,お湯に浸し,それぞれのエキスを抽出させた液を作りました。同公園で原料の選定実験を行い,色や香りを確かめました。

・荻田 信二郎教授の研究者紹介はこちら

 選定実験の様子

ogitaogita                      

ogitaogita

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)