ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大学概要 > 広報 > プレスリリース > 【プレスリリース】県立広島大学建学100周年PRデーをマツダ スタジアムで開催 「新しい応援スタイル」で学部・専攻科・大学院1年生100人がカープを観戦!

本文

【プレスリリース】県立広島大学建学100周年PRデーをマツダ スタジアムで開催 「新しい応援スタイル」で学部・専攻科・大学院1年生100人がカープを観戦!

印刷用ページを表示する

カープグッズ

県立広島大学(広島市南区宇品東1-1-71、理事長兼学長 中村 健一)は、今年建学100周年、株式会社広島東洋カープ(広島市南区南蟹屋2丁目3-1、代表取締役社長 松田(まつだ) 元(はじめ))は、今年創立70周年を迎えました。

同じ広島にある2つの組織は、広島の「スポーツ」と「教育」を盛り上げていくことを目的とし、10月17日(土)マツダ スタジアムにて、「県立広島大学建学100周年PRデー」を開催します。当日は、球場内のイベント広場に「楽しい野菜栽培収穫体験ブース」や「食べ物の不思議体験ブース」など、本学の魅力を知っていただき、お子様から大人まで楽しめる様々なブースを展開します。

また、コロナ禍において、4月の入学式も中止となり、前期は大学に通うことができなかった本学学部・専攻科・大学院の1年生100名が「新しい応援スタイル」で試合を観戦します。

 

※詳細は下記よりPDFをご確認いただきますようお願いいたします。

県立広島大学建学100周年PRデーをマツダ スタジアムで開催 「新しい応援スタイル」で学部・専攻科・大学院1年生100人がカープを観戦! [PDFファイル/204KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)