ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・地域貢献 > 生涯学習 > 履修証明プログラム > 令和2年度履修証明プログラムのご案内

本文

令和2年度履修証明プログラムのご案内

印刷用ページを表示する 2020年5月27日更新

令和2年度履修証明プログラムのご案内

令和2年度に開設する履修証明プログラムは次のとおりです。

※現在,令和2年度履修証明プログラムの延期・中止を検討中です。

 決定次第,ホームページでお知らせします。

※新型コロナウイルスの感染拡大にともない,「宮島学で学び直す世界遺産嚴島神社と宮島」を中止することとなりました。中止後の対応については,受講者に書面で連絡します。

 

  プログラムの名称 開設場所 開設期間
【中止】宮島学で学び直す世界遺産嚴島神社と宮島 広島キャンパス

開始:2020年  4月11日
終了:2021年  1月23日

【延期】AI活用人材育成プログラム 広島キャンパス

開始:2020年  5月23日
終了:2020年11月18日

受講を志望される方は,下記のプログラムの内容,申請方法等を参照のうえ,申請してください。

 

 1 宮島学で学び直す世界遺産厳島神社と宮島

※新型コロナウイルスの感染拡大にともない,「宮島学で学び直す世界遺産嚴島神社と宮島」を中止することとなりました。中止後の対応については,受講者に書面で連絡します。

 

チラシはこちら ⇒ 【中止】 チラシ「宮島学で学び直す世界遺産嚴島神社と宮島」 [PDF]

             公開講座1 「宮島学特論」

             公開講座2 「くずし字で学ぶ宮島-近世資料を読み解く-」

         宮島学中止

プログラム「宮島学で学び直す世界遺産嚴島神社と宮島」の概要

プログラムの概要
プログラムの名称 宮島学で学び直す世界遺産島神社と宮島
開設部局 地域基盤研究機構 地域基盤研究センター 宮島学センター
 

目的及び内容等

1)目的,2)内容, 3)身につく能力, 4)社会的な意義

(1)宮島学センターが10年にわたって蓄積してきた島神社と宮島に関わる学術研究の成果と知見及び資料を活用して,「宮島学」の視点から実践的に学ぶことを目的とする。本講座の受講により修得した新たな知見やスキルを受講者がそれぞれの職場等において活用することができるよう実践的な内容を中心とする。

(2)本プログラムは次の二つの講座で構成される。

  公開講座1「宮島学特論」 

  公開講座2公開講座2「くずし字で学ぶ宮島 -近世資料を読み解く-」

(3)講座1により島神社と宮島について現状と歴史的変遷,今日的課題等を深く学ぶことにより,世界遺産島神社と宮島の特質を理解し,その魅力と次世代に伝えていくことの必要性や意義を認識し,正しく活用することができる。また,講座2により原資料を読み解く力を修得することができる。

(4)多くの観光客を集め観光資源としてその魅力を高める一方で,災害や高齢化など現代的課題に直面する宮島について,歴史的変遷と現状及び今日的課題を正しく認識し,その知見に基づき次世代に伝えることができる人材の育成に寄与することは,学術的研究・教育・地域貢献を柱とし,地域の中で地域とともに宮島を見つめ,発展してきた宮島学センターの責務である。
履修資格 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者又はこれと同等以上の学力を有する者
募集定員 10名程度
実施体制

プログラム責任者:宮島学センター長 秋山 伸隆

本プログラムは,宮島学センター及び宮島学センター運営委員会が中心となってプログラムを運営実施する。

プログラムは2つの公開講座(いずれも32時間,合計64時間)によって編成する。いずれの講座も関係諸機関・団体等(広島県観光連盟,宮島観光協会,宮島歴史民俗資料館)と連携して募集のための広報をおこなう。また,講座の最終回には総合演習を行うこととし,受講者による発表等に対して,担当講師による指導・助言を受けることとする。それにより証明書を交付する。

総時間数

64時間(公開講座1 32時間,公開講座2 32時間)

修了要件 各講座30時間以上,計60時間以上出席し,かつ最終回に実施する総合演習に参加し,評価者から一定の学修成果があったという評価を受けていること。
単位授与の目安

公開講座であり,単位授与はない。

受講料

総額     22,400円

内訳     公開講座1・2 各11,200円

※受講料は講座ごとに納める。

※テキスト代,フィールドワーク参加のための交通費,初穂料等は別途自己負担。

プログラムの構成
公開講座または授業科目 ※1 授業形態 全時間数 開講部局 担当教員(所属)
公開講座1「宮島学特論」 講義,演習 32時間 宮島学センター

鈴木 康之(人間文化学部),秋山 伸隆(宮島学センター),大知 徳子(宮島学センター),柳川 順子(人間文化学部),西本 寮子(人間文化学部)

公開講座2「くずし字で学ぶ宮島-近世資料を読み解く-」

講義,演習 32時間 宮島学センター

秋山 伸隆(宮島学センター),西本 寮子(人間文化学部)

※1 各公開講座の詳細内容は,上記チラシをご覧ください。

申請期間

令和2年3月13日(金曜日)から3月27日(金曜日)まで (消印有効)

申請方法

次の申請書類に所定事項を記入・押印のうえ,下記の申請・問合先にお送りください。

申請書類を受理した方には,公開講座受講料の振込案内をお送りします。

(1) 履修証明プログラム履修許可願(本学所定の様式)

    様式をダウンロードできます ⇒ 履修証明プログラム履修許可願 [Word]

(2) 履歴書(本学所定の様式)

    様式をダウンロードできます ⇒ 履歴書 [Word]

(3) 最終出身学校の卒業証明書または卒業見込み証明書

(4) 写真2枚(縦30mm×横24mm,上半身脱帽正面向きで3月以内に撮影したもの)

(5) 返信用封筒(定型長3の封筒に84円切手を貼付し,宛名を明記したもの)

 申請・問合先

   県立広島大学 地域基盤研究機構

   「履修証明プログラム」係

   〒734-8558 広島市南区宇品東一丁目1-71

   電話 082-251-9534

   E-mail : kouza@pu-hiroshima.ac.jp

 

 AI活用人材育成プログラム

公開講座のチラシ,授業科目のシラバスはこちら 

⇒ 【延期】 公開講座「即戦力となる人工知能人材育成のためのプログラミング講座~機械学習活用編~」 [PDF]

⇒ 公開講座「即戦力となる人工知能人材育成のためのプログラミング講座~深層学習編~」 [PDF]

⇒ 授業科目「計算知能システム研究」  [PDF] 令和元年度シラバス(参考),令和2年度シラバスは決まり次第案内します。

   チラシ延期機械学習活用編      深層学習編

※ 新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては,やむをえず公開講座を延期とすることがあります。

  その際は申込者に個別に連絡します。  

AI活用人材育成プログラムの概要

プログラムの概要
プログラムの名称 AI活用人材育成プログラム
開設部局 地域基盤研究機構,総合学術研究科

目的及び内容等

1)目的,2)内容,3)身につく能力,4)社会的な意義

1)社会人技術者を対象とした,データ分析やAI技術を活用でき,ビジネスに新たな価値を生み出す人材を育成し,地域社会・産業に貢献する。

2)有料公開講座及び授業科目(科目等履修科目)を合わせ,60時間以上の授業を履修する。

3)データ分析能力やAIプログラミング技術(機械学習・深層学習)。

4)Society5.0を主導するAI技術者・データサイエンティストの育成により,県内企業で求められている人材を創出する。
履修資格 大学を卒業した者またはこれと同等以上の学力を有する者
募集定員 10名
実施体制

プログラム責任者:地域基盤研究機構長 市村 匠

本プログラムは,公開講座2種類及び大学院修士課程授業科目1科目で構成し,機械学習,深層学習などの人工知能に関する分野において,即戦力となる人材を育成するためのリカレント教育を実施するものである。

公開講座では,上記の分野についての基礎的な知識を学修し,授業では,最先端AIの技術を講義と演習を通じて学修し,企業等がもつ課題を学修した専門的知識により解決するための基礎的な探求能力を身につけられるようにする。

公開講座は地域基盤研究機構が開設し,授業科目は総合学術研究科が開設する。担当教員は,プログラムの構成に記載の通り。

令和元年度のプログラムを構成していた公開講座「データサイエンティスト人材育成実践実習」は,2種類の公開講座(機械学習活用編及び深層学習編)に振り分けて実施する。そのため,令和元年度からの履修証明プログラムの受講者が未受講の公開講座に該当する公開講座を令和2年度に受講したときは,その内容に対して振替を行う。このとき,一部の内容が重なる場合でも,該当する公開講座の全部を受講する。

総時間数 62時間(公開講座2講座32間,授業科目1科目30時間)
修了要件 公開講座:全講座への出席,授業科目:単位認定
単位授与の目安

公開講座:全講座(32時間)への出席, 授業科目:2単位修了

受講料

総額:  84,000円(広島県内者の場合)
       95,280円(広島県外者の場合)

内訳:公開講座受講料              16,400円(広島県内者・広島県外者とも)

         科目等履修検定料・入学料・授業料  67,600円(広島県内者の場合)
    科目等履修検定料・入学料・授業料  78,880円(広島県外者の場合)

プログラムの構成
公開講座または授業科目 ※1 授業形態 全時間数 開講部局 担当教員(所属)

【延期】公開講座「即戦力となる人工知能人材育成のためのプログラミング講座~機械学習活用編~」 [PDF]

講義,演習 16時間 地域基盤研究機構

市村 匠(地域基盤研究機構),鎌田 真(地域基盤研究機構)

公開講座「即戦力となる人工知能人材育成のためのプログラミング講座~深層学習編~」  [PDF] 講義,演習 16時間 地域基盤研究機構

市村 匠(地域基盤研究機構),鎌田 真(地域基盤研究機構)

授業科目「計算知能システム研究」(履修期間:9月30日~11月18日,履修日:水曜日,6時限・7時限) シラバス  [PDF] 講義,演習 30時間 総合学術研究科 市村 匠(情報マネジメント専攻)

※1 詳細内容は,それぞれのリンク先でご確認ください。

   授業科目「計算知能システム研究」のシラバスは,令和元年度のもの(参考)です。

   令和2年度シラバスは詳細が決まり次第案内します。

公開講座「即戦力となる人工知能人材育成のためのプログラミング講座~機械学習活用編~」の確認事項

演習を予定していますので,64ビットのWindows PCとネットワーク環境をご用意ください。

本公開講座は,新型コロナウイルスの感染拡大予防対策として,オンライン講義のみの実施です。

地域基盤研究機構高度人工知能プロジェクト研究センターが独自で開発したLive配信システムを用いておりますので,受講者には事前に視聴するための情報(URL,パスワード等)をお送りします。

また,ネットワークの混雑状況によって,配信が途切れる場合もありますが,配信後,オンデマンド動画にて自修することができます。

講義中の質問等はメールで受け付け,回答します。

申請期間

申請期間を延長しました。

令和2年4月24日(金曜日)から令和2年8月7日(金曜日)(消印有効)

申請方法

申請・問合先に事前に連絡のうえ,申請書類を添えてお申し込みください。

1 履修証明プログラム履修許可願(本学所定の様式)

  こちらからダウンロードできます ⇒ 履修証明プログラム履修許可願 [Word]

2 添付書類(科目等履修の出願書類一式)

  こちらから(1),(2)の様式をダウンロードできます ⇒ 科目等履修出願様式 [Word]

(1) 科目等履修生許可願 (本学所定の様式:別記様式第1号)

(2) 履歴書(本学所定の様式:別記様式第2号)

(3) 最終出身学校の卒業証明書または卒業見込み証明書

(4) 写真2枚(縦30mm×横24mm,上半身脱帽正面向きで3月以内に撮影したもの)

(5) 返信用封筒(定型長3の封筒に84円切手を貼付し,宛名を明記したもの)

3 入学許可を受けた後に提出する書類

(1) 入学願(本学所定の様式:別記様式第3号,裏面に入学料払込証明書貼付)

(2) 誓約書

(3) 住民票記載事項証明書 (広島県外の人は不要)

申請・問合先

   県立広島大学 地域基盤研究機構

   「履修証明プログラム」係

 

   〒734-8558  広島市南区宇品東一丁目1-71

   TEL:082-251-9534

   E-mail:kouza@pu-hiroshima.ac.jp

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)