ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【生命環境学科】 庄原キャンパス三苫好治 教授が開発したイノシシ忌避装置がNHKサイエンスゼロにて紹介されました。

本文

【生命環境学科】 庄原キャンパス三苫好治 教授が開発したイノシシ忌避装置がNHKサイエンスゼロにて紹介されました。

印刷用ページを表示する 2020年4月12日更新

庄原キャンパス三苫好治 教授が開発したイノシシ忌避装置がNHKサイエンスゼロにて紹介されました。

2020(令和2)年4月12日(日曜日)
 
庄原キャンパス三苫好治 教授が開発したイノシシ忌避装置がNHK Eテレ サイエンスZERO「未開の境地!“聞こえない音”の最新技術」にて紹介されました。イノシシ忌避装置は人には聞こえない超音波を用いて害獣対策をする機器で、中国地方を中心に120台以上実装されています。サイエンスZEROでは地域の「守り神:お箱様」として紹介されました。イノシシ及び鹿忌避の映像とともに、サイエンスゼロのダイジェストをご紹介します。
 
なお、本研究は地域課題解決に資する卒論テーマとして、学生が日々、取り組んでおり、その成果が結実したものです。
 
イノシシの忌避の例
シカの忌避の例
*画像は、イノシシ(写真上)・シカ(写真下)の忌避の様子

 

=========================

本教員が所属する環境科学コースのウェブサイトは以下をご覧ください。

 ・https://www.pu-hiroshima.ac.jp/p/puh-des/env/env_index.html


生物資源科学部の活動