ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2020年度フィールドセンター】(19) 実習 10月の2年生実習トピックス

本文

【2020年度フィールドセンター】(19) 実習 10月の2年生実習トピックス

印刷用ページを表示する 2020年11月13日更新

2020年度 フィールド科学実習 10月の2年生実習トピックス

 10月13日a班と20日b班(後期2回目)。 広島県総合技術研究所・畜産技術C見学、林技C紹介

前期で中止となっていた畜産技術センターの見学がOkとなり、さっそく向かいました。肉用牛改良のための雄牛飼育の見学や、乳用牛の搾乳ロボットについて説明を受けました。見学後、山下先生から見学ポイントの説明を受けました。また、休憩後 村田先生から広島県総合技術研究所 林業技術Cのスライドによる紹介を受けました。
畜産技C見学
搾乳ロボット
見学後の確認
林業C紹介

10月20日a班と27日b班(後期3回目)水稲脱穀・収量構成要素 サツマイモ収穫調査、柿脱渋等

水稲の脱穀、とうみ選、とう精を順次行い、収量構成要素を探ってみました。
水稲脱穀a
水稲脱穀b
とうみ選
とう精
サツマイモは各品種のつるの長さや着生した芋の個数や重量を調査しました。。
サツマイモ生育調査
サツマイモの収穫が進められています。
芋重量調査
柿脱渋の様子です。西条柿は渋くて食べられません。へたを採り、袋に入れて脱気し、最後に炭酸ガスを充填して終了
柿へた採り
柿脱渋2
収量構成要素です。1穂ずつ脱穀して1穂あたりの粒数調査、18mmの篩の上に残った正玄米重の測定、塩水選を使っての登熟歩合の調査も行いました。
1穂あたりの粒数
精玄米重
塩水選

生物資源科学部の活動