ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2020年度フィールドセンター】(21) 実習 11月の2年生実習トピックス

本文

【2020年度フィールドセンター】(21) 実習 11月の2年生実習トピックス

印刷用ページを表示する 2021年3月2日更新

2020年度 フィールド科学実習 11月の2年生実習トピックス

環境実験、焼き芋、リンゴ収穫、そば打ち、コメの食味試験紹介

11月10日(a班)、17日(b班)後期4回目は環境実験です。食堂での廃油が少ないため、今年度は土壌肥料成分のパックテストを用いた簡易分析を行いました。また、実験の空き時間を利用して焼き芋の投入、実験後に試食を行いました。リンゴの収穫もしました。
環境実験 土壌成分分析
土壌成分分析2
土壌成分分析3
焼き芋はじっくりと焼くことでどのような食味の変化があるのか、品種による差があるのか少し考えながら食べていただきました。
焼き芋
焼き芋b
リンゴはふじの収穫です。
リンゴ収穫調査
リンゴ収穫2

11月24日a班と12月1日b班(後期5回目)はそば打ちと水稲食味試験

そば打ちの様子です。しっかりこねると手に力が入らなくなるほどでした。後で試食しましたが美味しかったです。なお、そばアレルギーの学生がいましたので、別の部屋でコンニャク加工を行いました。これが酢みそをつけて食べるととても美味しかったです。
そば打ち
そば打ち2
コンニャク
水稲の炊飯米の食味評価です。同じように見える米もそれぞれ味が異なり、人それぞれにも嗜好性の違いがあって面白かったようです。秋冬野菜も収穫しました。
食味1
食味2
野菜の収穫

生物資源科学部の活動