ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2020年度フィールドセンター】(23) 実習 12月の2年生実習トピックス

本文

【2020年度フィールドセンター】(23) 実習 12月の2年生実習トピックス

印刷用ページを表示する 2021年3月18日更新

2020年度 フィールド科学実習 12月の2年生実習トピックス

果樹の剪定、もちつき、ハーブ苗移植

12月8日(a班)、15日(b班)後期6回目は果樹管理の剪定と伝統行事の餅つきです。剪定はどういうことを目的として行うのか事前講義の後で実習。b班は雪のため残念ながら見学のみとなりました。餅つきは器械利用と杵つきの両方体験してもらいました。
剪定1
剪定2
剪定3
b班はあいにくの雪 先週とは全く異なる天候でした。
b班
b班2
もちつきです。杵つきも行いました。ずんだもち作りにも初挑戦。美味しかったです。
餅つき1
もちつき2
ずんだもち
12月22日はab班ともに時間差で集まっていただいてハーブ苗の移植のみ実施。環境実験は自宅でキットを使っての食品等の成分分析実験となりました。
ハーブ移植
ハーブ移植2
キットを使った環境実験の説明。広島県では第2次 新型コロナ感染拡大防止集中対策が12月12日より実施され、実習も再度のオンライン対応となりました。今年度の実習はこのレポートの提出をもって終了しました。
環境実験説明

生物資源科学部の活動