ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2020年度フィールドセンター】(24) 実習Ⅰ 12月の1年生実習トピックス

本文

【2020年度フィールドセンター】(24) 実習Ⅰ 12月の1年生実習トピックス

印刷用ページを表示する 2021年3月18日更新

2020年度 フィールド科学実習Ⅰ 12月の1年生実習トピックス

リンゴジュース加工、果樹管理 ハーブ苗移植、餅つき等紹介

12月3日 後期10回目はリンゴジュース加工、果樹の園内落ち葉の回収でした。収穫したりんごの種などを除き、搾り、最後はビン詰めをしました。
ジュース加工1
ジュース加工2
ジュース加工3
果樹園の落ち葉を回収し、堆肥化を行います。
落ち葉1
落ち葉2

12月10日(後期11回目)は2班20名ずつ分かれて剪定の講義の後でブドウの剪定。その後は合同で圃場説明と柿の剪定を行いました。また、最後に剪定した枝などをどのように利用するかについても学修しました。

ブドウ剪定1
ブドウ剪定2
果樹剪定
切り出した太い枝は割り、細い枝はチップにしました。
木材利用1
木材利用2
12月17日(後期12回目)はハーブ苗の移植と餅つきを行いました。
ハーブ苗移植1
ハーブ苗移植2
餅つきの様子です。もちをこねています。熱いのでやけどしそうな感じです。杵つきには力が入ります。今回もずんだ餅がありましたが、これは焼きもちを使ったぜんざいです。寒いので温まるのはいいことです。
餅つき1
餅つき2
ぜんざい

生物資源科学部の活動