ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2020年度フィールドセンター】(14) 実習Ⅰ 7月最後の実習状況

本文

【2020年度フィールドセンター】(14) 実習Ⅰ 7月最後の実習状況

印刷用ページを表示する 2020年8月8日更新

2020年度 フィールド科学実習Ⅰ 7月最後の実習(地域資源開発学科)

7月30日の実習Ⅰの様子を掲載しました。水稲生育状況や果樹の生育についての見学の後、露地の野菜圃場の片付けを行いました。ようやく梅雨が明け、暑くなってきました。

 水田の見学です。品種中生新千本はまだまだですが、コシヒカリは穂ばらみ期に入ってきています。幼穂形成や穂孕み状態について実際にイネをむいで学修しました。

水田見学
穂はらみ確認

果樹園の確認です。新水は和ナシでは最も早く収穫できます。長雨だったのでフブドウの品種によっては割れており、各自確認しました。

果樹生育
ブドウの生育確認

野菜圃場のマルチや防草シートの除去作業です。段取りも学びました。これらを洗ったり、ガラス室の網戸洗浄、野菜の管理にわかれて実施してもらいました。

野菜圃場片付け
圃場片付け2
防草シートの洗浄
洗浄 
野菜管理

生物資源科学部の活動