ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2020年度フィールドセンターたより】(6) 5月のセンター4

本文

【2020年度フィールドセンターたより】(6) 5月のセンター4

印刷用ページを表示する 2020年5月29日更新

2020年度 フィールドセンターだより(6) メロン、野菜、果樹、水稲の生育等(5月28日現在)

5月も終わりに近づきました。全国で緊急事態宣言も解除されましたが、通常の状態に戻るには順を踏んでいかねばならず、なかなかすぐにとはいかない状況です。フィールド科学教育研究センターの管理では、水稲田植えまで終了しました。秋の稲刈りは実施したいという思いがあります。引き続き、近場の作物の観察をお続けください。今回は5月27~28日現在の栽培作物の生育状況をお知らせしております。よろしくお願いします。

果樹園のナシに袋かけも終了。続いて西洋ナシ、リンゴの袋かけも進んでいます。ナシとリンゴにかける袋は同じでしょうか?。ブドウは房づくりが進められ、ジベレリン処理の段階に入ってきました。

ナシ(5月28日)
リンゴと西洋なし
ブドウ 房づくり

サツマイモに遮光をしています。なぜでしょう。ジャガイモの開花は今が見ごろです。キュウリにネット支柱を立てました。

サツマイモ定植(5月28日)
バレイショ 開花
キュウリネット

 ハウスメロンは1株に1個に選果し、かなり肥大してきています。

メロン肥大(5月28日)

5月28日 朝から田植えをしました。総務課職員さんにも助力願いました。中生新千本はどんな品種でしょう。収量調査のため、1か所に3本ずつの苗を決めて植えています。

水稲田植え(5月28日)
水稲田植え2

ウツギ(ウノハナ)が咲いてきました。特定外来生物であるオオキンケイギクも満開ですが、これはなぜ問題視されているのでしょうか?。花としてはとてもきれいないのですが。

ウツギ開花
オオキンケイギク

生物資源科学部の活動