ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2020年度フィールドセンターたより】(7) 6月のセンター1

本文

【2020年度フィールドセンターたより】(7) 6月のセンター1

印刷用ページを表示する 2020年6月5日更新

2020年度 フィールドセンターだより(7) メロン、野菜、果樹等の生育(6月4日現在)

6月に入りました。少しずつ平時の状態に戻りつつありますが、まだ学内で1・2年生の姿を見ることはありません。フィールド科学教育研究センターの管理は、植え付け作業などはほぼ終了しました。引き続き、近場の作物の観察をお続けください。今回は6月3~4日現在の栽培作物の生育状況をお知らせしております。よろしくお願いします。

果樹園のブドウピオーネの開花時期になり、ジベレリン処理の1回目を行いました。これはどんな物質で、どこで発見され、どのような効果があるのでしょうか?。西条柿が開花期に入りました。どんな特徴のある品種でしょうか?。

ピオーネ
ジベレリン処理
ブドウ ジベ処理後
柿の花(6月3日)

サツマイモに遮光シートを除きました。果菜類も成長が進んでます。ピーマンが開花着果していますがどのように実をつけていくのでしょうか?

サツマイモ(6月4日)
トマト ナス
ピーマン キュウリ
ピーマン 開花

 ハウスメロンの茎は摘芯し、果実にはネット形成が始まりました。ネットはどのようにしてできるのでしょうか?。傘かけも始まっていますがこれをあえてする理由は?

メロン (6月4日)
メロン
メロン 傘かけ

母の日は過ぎましたが、後期実習に使用するカーネーションが満開です。また、スイカズラがあちこちで咲いています。忍冬とか金銀花とも呼ばれる樹木です。

カーネーション
スイカズラ

生物資源科学部の活動