ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2020年度フィールドセンターたより】(8) 6月のセンター2

本文

【2020年度フィールドセンターたより】(8) 6月のセンター2

印刷用ページを表示する 2020年6月11日更新

2020年度 フィールドセンターだより(8) メロン、野菜、果樹等の生育(6月11日現在)

6月の2週目に入りました。いい天気で暑い日が続いてましたが、10日に広島でも梅雨入り宣言が出ました。フィールド科学教育研究センターでは多くの作物が旺盛に生育を始めています。一方、タマネギは既に収穫を済ませ、ジャガイモも収穫時期を迎えています。引き続き、近場の作物の観察をお続けください。今回は6月10~11日現在の栽培作物の生育状況をお知らせしております。よろしくお願いします。

果樹園の生育はどんどん進んでいます。ブドウのデラウエアは袋かけを終了しました。デラウエアってどこ生まれの品種なのでしょうか?。またピオーネ等では摘粒作業が始まっています。ブドウの1房を放置すると何粒位になるのでしょうか?

デラウエア
摘粒

ジャガイモは幾らかの品種で茎が倒れ始めました。サツマイモは葉の面積をどんどん広げています。果菜類も成長が進んでます。トマトが着果、ピーマン、キュウリはもう収穫できます。ナスは1番花が開花、この後どのような管理をしていくのでしょうか?

ジャガイモ(6月10日)
サツマイモ
トマト
ナス1番花
ピーマン 未熟果
キュウリ (6月11日)

 ハウスメロンの早いものはネットがかなり形成されています。開花から何日が収穫の目安?

メロン

梅雨時期になり、梅が収穫期を迎えました。アブラムシの被害が出ています。また、ボイセンベリーが次々と開花し実をつけています。

梅 
ボイセンベリー

生物資源科学部の活動