ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2021年度フィールド科学実習Ⅰ】(1) 4月からの実習開始

本文

【2021年度フィールド科学実習Ⅰ】(1) 4月からの実習開始

印刷用ページを表示する 2021年4月22日更新

2021年度 フィールド科学実習Ⅰがスタート

令和3年度の地域資源開発学科1年生向けのフィールド科学実習Ⅰがスタートしました。一昨年度末からの新型コロナウイルスの感染拡大の影響がありますが、今年は通常通りの開講となりました。4月8日にスタートし、いい天気になったのでよかったです。果樹は満開状態のナシの摘花から始まりました。桜のソメイヨシノはとっくに終わっています。野菜は畑作りの日の天候が心配されるため、マルチ張りを行い、合わせて基本的な農機具の扱い方も学修してもらいました。

果樹園のナシは満開状態でした。摘花を行いました。

ナシの摘花
摘花2
摘花3

次の施肥・耕うんの実習に向けて、多少の雨が降っても大丈夫なようにマルチをかけておきました。また、ジャガイモ畑には防草シートを敷きました。

マルチ張
マルチ張2
マルチ張3

タマネギの品種別の肥大状況を確認しつつ、草取を行いました。

タマネギ除草

レタスやアブラナ科の苗を植えました。しかし、この後寒波がきて後者の苗はかなりやられてしまいました。

苗の定植

生物資源科学部の活動