ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【2021年度フィールド科学実習Ⅰ】(2) 生命環境学科2年向け実習もスタート

本文

【2021年度フィールド科学実習Ⅰ】(2) 生命環境学科2年向け実習もスタート

印刷用ページを表示する 2021年4月27日更新

2021年度 フィールド科学実習Ⅰ 生命環境学科2年向けもスタート

令和3年度の生命環境学科2年生向けのフィールド科学実習Ⅰもスタートしました。こちらは選択科目となりますが、上限一杯の学生が履修してくれました。4月13日(火曜日)にスタートしましたが当日は一日中雨の予想。それでも何とかほとんどの作業が問題なくできて助かりました。果樹は、西日本の大学の実習では珍しいリンゴの摘花作業から始まりました。また、野菜は果菜類の施肥耕うんによる圃場作りとメロンの定植を行いました。圃場作りでは途中で雨も落ち、地域資源開発学科の実習でのマルチ被覆の効果が出ました。

果樹園ではリンゴの摘花を行いました。

リンゴ摘花
リンゴ摘花2

トマトやキュウリなど果菜類の栽培圃場の施肥・耕うん作業を行いました。均一にするため少なくても3往復のつもりでていねいにしてもらいました。クワで耕し、レーキでならしました。

畑作り1
畑作り2
畑作り3

最後はマルチを張って完了です。

畑作り4

メロンの苗を植えました。仮支柱もしましたがひもによる誘引が難しそうでした。

メロン定植
メロン定植2
メロン定植

生物資源科学部の活動