ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【地域資源開発学科】ET修士学生2年生による学術雑誌の投稿です

本文

【地域資源開発学科】ET修士学生2年生による学術雑誌の投稿です

印刷用ページを表示する 2021年2月5日更新

【地域資源開発学科】原田教授の研究が学術論文として採択されました

本研究は,Journal of Agricultural Chemistry and Environmentに掲載されます。

Adsorption of Phosphate and Nitrate Using Modified Spent Coffee Ground and Its Application as an Alternative Nutrient Source...

Aisyah Humayro, Hiroyuki Harada, Kanako Naito
Phosphate (PO43-) and Nitrate (NO3-) are two main nutrients that cause water eutrophication. In the other hand, the presence of PO43- and NO3- is needed for plant growth. The aims of this study are to recycle Spent Coffee Ground (SCG) modified with calcium hydroxide for adsorption PO43- and NO3-. The optimum adsorption capacity for PO43- and NO3- is 36.74 mg/L and 20.21 mg/L, respectively. The Freundlich isotherm model was suitable for PO43- and NO3- adsorption. The kinetic model for adsorption was linear using Pseudo-second order. The application of modified SCG after enrichment with PO43- and NO3- for plant growth (Raphanus sativus) showed optimum growth at a dose of 0.3% with value of germination index was 203%.

 抽出後のコーヒ―残渣を化学処理して窒素やリンを吸着させてこれを農地に還元することで、廃棄物の利用とともに植物への寄与を期待した内容です。吸着のパラメーターの解析から植物ポット試験にわたる一連の成果であります。
chiiki_fig_harada_3

生物資源科学部の活動