ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【生命環境学科】生命科学コース 研究室の様子(2)

本文

【生命環境学科】生命科学コース 研究室の様子(2)

印刷用ページを表示する 2020年8月20日更新
生命科学コースの研究室の様子を紹介します。今回は、生物資源有機化学研究室(伊原伸治 教授)です。モデル生物(線虫)を使って、ECM(Extracellular matrix, 細胞外マトリックス)の制御機構の研究に取り組んでおられます。この4月より本学に着任されたばかりですが、卒論配属学生と共に精力的に研究に取り組んでおられます。

卒論研究のひとコマ(伊原研究室)

伊原研1
変異遺伝子を発現させるために線虫の生殖巣にDNAを打ち込みます。
伊原研2
暗室で蛍光タンパク質の撮影をしています。
伊原研3
線虫の飼育プレートを一度に300枚ほど作成します。

生物資源科学部の活動