ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【生命環境学科】 齋藤教授の論文がMolecular and Cellular Biochemistry誌に掲載されました

本文

【生命環境学科】 齋藤教授の論文がMolecular and Cellular Biochemistry誌に掲載されました

印刷用ページを表示する 2020年5月30日更新
齋藤靖和教授(生命科学コース 細胞機能制御学研究室)の論文がMolecular and Cellular Biochemistry誌に掲載されました。
以下に論文内容を紹介します。

Resveratrol potentiates intracellular ascorbic acid enrichment through dehydroascorbic acid transport and/or its intracellular reduction in HaCaT cells.
Saitoh Y, Umezaki T, Yonekura N, Nakawa A. Mol Cell Biochem. 2020, 467(1-2):57-64. doi: 10.1007/s11010-020-03700-2.

日本語タイトル:レスベラトロールはデヒドロアスコルビン酸の細胞輸送および/または細胞内還元を介して皮膚表皮細胞内アスコルビン酸の高濃度化を増強する

L-アスコルビン酸(AsA)である還元型ビタミンC(VC)は生体における重要な抗酸化物質であり、AsAの細胞内蓄積と維持は、我々の様々な生理活動や恒常性の維持に重要な役割を果たすと考えられています。 今回、皮膚細胞へのVC蓄積を促進する化合物としてブドウの皮や赤ワインに含まれるポリフェノールであるレスベラトロールを見出しました。日常的に紫外線からのストレスを受ける皮膚ではVCなどの抗酸化物質の蓄積は重要であり、今回の発見は、化粧品などへの配合成分としてVCとレスベラトロールが相性の良い組み合わせとなる可能性を示しています。この研究は卒業生の梅崎大樹君、米倉寧音さん、中和篤君らの研究成果の積み重ねが1つの論文としてまとまりました。
(なお、本研究はJSPS科研費JP17K01862の助成を受けたものです。)
saitoh fig

生物資源科学部の活動