ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 地域創生学部 > 【健康科学科・コース】学生がひろしま地域食材を使ったレシピ開発中!

本文

【健康科学科・コース】学生がひろしま地域食材を使ったレシピ開発中!

印刷用ページを表示する 2022年11月8日更新

   ひろしま地域食材について学ぶ学生が,活動の様子をレポートしました。

   健康科学科4年生と健康科学コース3年生の7名は,ひろしま地域食材を使用したレシピ開発を行っています。2022年度は,計6回レシピ検討会を行いました(写真1)。「れんこんハンバーグ」「瀬戸内レモンときのこのガーリックマリネ」「レモンと甘夏のパフェ」「モーモーてぃらみす」などのレシピを作りました(写真2)。どれも広島で作られている野菜や果物,魚,乳製品などのおいしさを活かしたレシピにしています。広島の食材を用いたレシピを作ることで,広島の食の魅力や,生産者の苦労や努力を学ぶきっかけになりました。

 昨年度までに開発したレシピはコチラ↓↓ 
 おいしい!レシピ|ひろしま地産地消ファンクラブ (hiroshimakensan.org)

写真1 検討会の様子           写真2 出来上がった料理
検討会  料理 

 この取り組みは,ひろしま地域食材PR推進事業(ひろしま地産地消推進協議会)により行いました。


地域創生学部の活動