ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【地域資源開発学科】生理活性リン脂質の合成法を確立

本文

【地域資源開発学科】生理活性リン脂質の合成法を確立

印刷用ページを表示する 2020年8月14日更新

【地域資源開発学科】山本准教授の研究が学術論文として採択されました

本研究は,Biotechnology Reports誌に掲載されます。

Highly efficient preparation of 1-lysophosphatidylcholine via high proportion of Novozym® 435 (lipase B from Candida antarctica)

Sayumi Yasuda and Yukihiro Yamamoto
Efficient preparation methods for 1-lysophosphatidylcholine (1-LPC), a physiologically important compound, are lacking. Here, we established a method for 1-LPC preparation via Novozym® 435 (a lipase B from Candida antarctica)-catalyzed ethanolysis. Novozym® 435 showed sn-1 regiospecificity to phosphatidylcholine, although it does not exhibit regiospecificity to triacylglycerol. In particular, quantitative 1-LPC yields (96.5 ± 0.2 mol%) were reliably obtained in the presence of Novozym® 435 (100 wt% of PC), 97 % ethanol, in 72 h at 40 °C. During the reaction, acyl migration from 1-LPC to 2-LPC was rare. This novel synthetic method is expected to expand the practical applications of 1-LPC.

 当研究室卒業生である安田さん(2020年卒)の研究が論文化されました。
 ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸などの高度不飽和脂肪酸は、1-LPCと呼ばれる脂質形態で運搬されます。本研究は、1-LPCを、酵素的に調製する方法を確立したものです。脂質化学や生化学分野における研究発展に応用できる成果です。
chiiki_fig_lpc

生物資源科学部の活動