ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 保健福祉学部 > 【保健福祉学科】県大×三原高校「本町堀川プロジェクト最終発表会」(No.12)

本文

【保健福祉学科】県大×三原高校「本町堀川プロジェクト最終発表会」(No.12)

印刷用ページを表示する 2022年11月16日更新
本町堀川プロジェクト「高齢者健康支援講座」 を開催しました。

 令和4年6月から広島県立三原高等学校の「堅志学」に本学の学生8名が参加し,三原市本町地区の課題を把握し,各自ができる支援とは何かを考え,高齢者の健康を支援する解決策を検討してきました。
9月28日に開催した中間発表会で,本町地区の高齢者や三原市の保健師に体験してもらい,そこで出された意見や改善案を参考に改善し,健康支援講座を企画・実施しました。
 参加したみなさんからは,楽しかった,来年もぜひ参加したいとの声をいただき,来年度は今年度の反省を活かし,年々より良いものができるよう継続して実施してまいりたいと考えております。

1 日 時 令和4年10月30日(日)9:30~12:00
2 場 所 三原市立三原小学校 体育館(三原市館町2丁目3-1)
3 参加者 71名(地域のみなさま26名,高校生30名,大学生8名,教職員等7名)
4 実施内容
(1)実施者挨拶
   ・県立広島大学保健福祉学部保健福祉学科 教授 飯田 忠行
   ・町内会自治会長(三原市市議会員) 正田 洋一様

(2)健康講座
   地域のみなさまを3グループに分けて,高校生と大学生が考えた4つの健康支援プログラ
  ムを体験していただきました。
honmachimenu
(3)閉会の挨拶
kenshi2
飯田忠行教授と参加大学生から閉会の挨拶
(4)お楽しみイベント
kenshi3
参加してくださったみなさんへ,高校生と大学生から歌と踊りのサプライズプレゼントがありました。
5 参加者のみなさんの声
 ○本町堀川地区のみなさま
  ・ とても楽しかった。
  ・ 来年も是非参加したい。 
  ・ 地域の課題を見つけ,それぞれの立場で,様々な方が解決に向けて,一緒になって
   取り組んでいくモデルができたと思います。

 ○三原高等学校生徒
  ・ 自分たちが当たり前にできることも高齢者の方には難しかったりして,そういった差を
   考えられるいい機会になったと思う。自分たちが考えたレクリエーションで高齢者の「楽
   しい!」と言ってくださる声を間近で聞けたことや,高齢者の方とお話しできたことはと
   ても貴重な経験となりました。
6 その他
  今回の健康講座の様子は,11月17日(木曜日)17時09分から,テレビ新広島「TSSライク!」で放送される予定です。
kenshi4

保健福祉学部保健福祉学科の活動
保健福祉学部保健福祉学科の学生による取り組み