ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 保健福祉学部 > 【コミュニケーション障害学コース・コミュニケーション障害学科】4年次学生は卒業研究発表会・論文作成に向けて頑張っています<その1>

本文

【コミュニケーション障害学コース・コミュニケーション障害学科】4年次学生は卒業研究発表会・論文作成に向けて頑張っています<その1>

印刷用ページを表示する 2023年11月13日更新
 コミュニケーション障害学科(コミュニケーション障害学コース)では,4年次の学生は全員がゼミに所属して,担当教員の指導のもと,約1年をかけて卒業研究を行っています。

 今年度の卒業研究発表会は2023年11月27日(月曜日)に開催されます。この発表会に向けて,実験や調査を行いその結果をまとめ,教員や同級生と議論をして考察をまとめるなど発表や論文執筆に向け頑張っています。

 研究の成果は,卒業研究発表会で口頭発表をした後に,卒業論文としてまとめて提出をします。

 なお,2022年度のコミュニケーション障害学科の卒業研究論文の題目リストを掲載していますので,こちらもご覧ください。

いくつかのゼミ(研究室)の実験風景やゼミ風景の写真を掲載します。

聴覚についての卒研写真
聴覚障害に関連した研究「難聴者にわかりやすい話し方」についての実験中(長谷川ゼミ)
音声の研究風景
音声に関する実験中(田口ゼミ)
小児分野の研究風景
小児の障害に関する調査研究の考察を議論中(細川ゼミ)

保健福祉学部保健福祉学部インスタグラム 保健福祉学部エックス

保健福祉学部保健福祉学科の活動
保健福祉学部保健福祉学科の学生による取り組み