ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 保健福祉学部 > 【理学療法学科】附属診療センター医療安全研修会が開催され,理学療法学科卒業生が講師を務めました

本文

【理学療法学科】附属診療センター医療安全研修会が開催され,理学療法学科卒業生が講師を務めました

印刷用ページを表示する 2019年7月26日更新

令和元年度第1回医療安全研修会開催

7月24日(水曜日)に令和元年度第1回医療安全研修会が三原キャンパスにて開催されました。

医療安全研修会は,本学保健福祉学部,附属診療センターの教職員及び学生が,最新の医療安全の知識を学ぶことにより,学生教育や自身の医療の安全確保の向上を図ることを目的に1年に2度開催しています。

今回は,霧島市立医師会医療センター医療支援部部長兼リハビリテーション室室長の愛下由香里先生に「ウィメンズメンズヘルスの現状と展望~安全管理に関して~」というテーマで講演をして頂きました。

愛下先生は本学の前身である広島県立保健福祉短期大学理学療法学科の卒業生で,ご自身の臨床経験を交えながらウィメンズヘルスやメンズヘルスの現状についてお話をしていただきました。
医療安全研修会