ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 研究者の方 > 研究者・研究紹介 > 研究者紹介 > 地域創生学部地域創生学科地域産業コース(情報学)

本文

地域創生学部地域創生学科地域産業コース(情報学)

印刷用ページを表示する 2022年12月1日更新
職名
教授
専門分野
知能情報学, Web インテリジェンス, ソフトコンピューティング
キーワード
Deep Learning, データ分析, Webインテリジェンス, リコメンデーション, 感情, スマートフォン
研究に関する自己PR
ニューラルネットワーク,進化計算,強化学習,ファジィシステムなど,コンピューテーショナル・インテリジンス分野に関し,理論,設計,アプリケーションの開発研究を行っている。
職名
教授
専門分野
システム工学, 情報技術者教育, 計測制御工学, 信号処理
キーワード
情報環境, 波動環境, システム構築, システム評価, 情報処理技術者試験, 情報活用力診断テスト
職名
教授
専門分野
情報工学, 情報通信工学
キーワード
情報ネットワーク, コンテンツ指向型通信, 災害時情報配信・収集, 無線通信アルゴリズム
研究に関する自己PR
コンピュータネットワークに関する研究に取り組んでいます.元々,無線LANなどの通信制御方式などの基礎的なテーマの研究を行ってきましたが,近年では,ネットワークシステムの利活用による災害時情報伝達手法などにも取り組んでいます.
職名
教授
専門分野
知能情報システム
キーワード
能動騒音制御, 音声復元, 振動検出, 異常診断, 表情認識, 時系列(日射量等)予測, デイプーニューラルネットワークと応用
研究に関する自己PR
今精力的に研究開発している各種先端AI技術は,地域はもちろん,日本と世界の産業イノベーションに貢献できると考えている。
職名
教授
専門分野
情報システム, コンピュータネットワーク技術, 通信品質, ネットワークセキュリティー
キーワード
品質制御(QoS), 通信(トラフィック)制御, IoT, ネットワークセキュリティー
研究に関する自己PR
データ通信(Webアクセス、ファイル転送、電子メールの配送など)、映像、IoTなど様々なメディアに応じたトラフィック(ネットワークを流れるデータ)制御の通信方式の提案、ネットワークシステムの性能設計、性能評価を行っています。
職名
教授
専門分野
応用統計学
キーワード
多変量解析, 生存時間解析, 経時データ解析, 空間データ解析, 曝露データ解析
研究に関する自己PR
時間や位置情報を活用したデータ分析に関わる統計理論の開発をしています.基礎研究で開発したデータ分析法は,実学データへ応用することで,新しい事実の発見や,これまで考えられていた仮説の検証等の場面で活用しています.応用事例の一つとして,広島原爆被爆者の健康被害リスク評価では,被爆者の被爆時所在地を位置情報として扱い,基礎研究で開発した空間データに対する生存時間解析法を適用することで,広島原爆被爆者における被爆による健康被害に関するリスク地図の作成し,リスクの円形非対称性を報告しました.
職名
教授
専門分野
適応ファジィ制御システム, ファジィ情報システム
キーワード
ファジィ制御, 適応制御, オブザーバー, T-Sファジィモデル, 多項式ファジィモデル, LMIs, SOS
研究に関する自己PR
「大きい,小さい」といったあいまいなことの処理を可能にするファジィ理論をステム制御に応用した,いわゆるファジィ制御の有用性がすでに実証されている。研究室では,システムの安定性をキーワードに,制御対象の不確かさを考慮した適応ファジィ制御システムの構築を目的としている。
職名
教授
専門分野
情報通信,情報ネットワーク,ネットワーク
キーワード
無線LAN, 省電力広域ネットワーク,省電力, ソフトウェア開発環境, CoAP, MQTT, データベース
研究に関する自己PR
IoTに代表されるセンシングとデータ収集を行うための仕組みを簡単に開発,構築,運用まで持っていける小型端末等の開発技術,取得したデータを蓄積するフレームワークの研究を行っています。
職名
准教授
専門分野
プログラミング教育, マルチメディア, 情報化学
キーワード
Webアプリケーション, STEAM教育, プログラミング必修化
研究に関する自己PR
より実効性のあるプログラミング教育を実施するため,Web上で利用可能なプログラミング演習システムを開発し,実際の授業での運用と,それにより得られたデータの分析を行い,定量的な学習状況の把握を行っています。
職名
准教授
専門分野
知能情報学, メディア情報学, データベース
キーワード
機械学習, データマイニング, 情報検索
研究に関する自己PR
機械学習を利用した適応型情報システムに関する研究を行っています。情報システムを利用する際にユーザから得られる情報を元に,その嗜好性や行動パターンを学習し,状況や文脈に応じて適切に動作するシステムの構築を目指しています。
職名
准教授
専門分野
環境情報処理, 確率システム, ファジィ適応システム
キーワード
信号処理, ベイズ推定, 高次相関情報, ファジィ理論
研究に関する自己PR
実環境下において,対象とする音の周りには雑音が存在しています.対象物の状態を精度よく推定するためには,雑音除去の技術は欠かせません.雑音除去とは,雑音が混入した観測音から対象音を抽出することを意味していて,言い換えると,結果(観測音)から原因(対象音)を探る逆確率の考えとなります.ベイズ定理は逆確率に整合しており,すでに多くの分野で利用されています.ベイズ定理を利用し,観測音から効果的な情報を効率よく利用した状態を推定する方法を考えています.
職名
准教授
専門分野
ゲーム情報学, 人工知能, ゲームプログラミング, 情報セキュリティ
キーワード
人工知能, 機械学習, 情報セキュリティ
研究に関する自己PR
主に,「ゲーム情報学」と呼ばれる,ゲームを対象とした情報処理分野の研究に関すること,情報セキュリティに関すること,の2つの方向の研究を行っています。 
職名
准教授
専門分野
制御理論, システム工学, 制御工学
キーワード
ロバスト制御, 適応制御, 分散制御, 不確かさ
研究に関する自己PR
一般に制御対象を数学的モデルで完全に表現することは困難であり,何らかの誤差や不確かさが存在します。本研究室では,システム内にそのような不確かさがあってもシステムを安定化できるようなロバスト制御手法について研究しています。
職名
准教授
専門分野
メディア情報, 知覚情報処理, 知能情報学
キーワード
ディープラーニング, データサイエンス, パータン認識, 画像処理, 音声信号処理
研究に関する自己PR
本研究ではAI技術を中心にして,膨大な生体データから人間の視,聴,知覚のメカニズムを機械学習の新規モデルより解明し,それらの実社会における様々な課題,特にヘルス課題への応用に関して研究をしています。
職名
准教授
専門分野
社会システム工学,生産工学, システム工学, 経営工学
キーワード
生産管理, 生産システム, サプライチェーンマネジメント(SCM)
研究に関する自己PR
効率的な生産の仕組みや仕方についてコンピュータを用いて解析・シミュレーションをすることによって見つけ出す研究を主にしています。最近では供給者から消費者までの一連の流れを1つの鎖とみなし全体最適化をするサプライチェーンに対する効率化の研究も行っています。
職名
准教授
専門分野
数理情報学
キーワード
数理最適化,意思決定支援,制度設計,ゲーム理論,人工知能,データサイエンス
研究に関する自己PR
現実社会における複雑なシステムを理解・分析するためには,数理的な問題として定式化するモデリング(数理モデル)の構築が重要です。数理モデルでは,実際のデータは数値として表されますが,常にあいまいさ・不確実性・変動性を含んでいます。 そこで,不確実な状況を考慮した数理モデルを構築するとともに,さまざまな意思決定モデルに基づく人間や環境に優しい問題解決法の開発および産業への応用に関する研究を行っています。

所属別一覧