ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 作業療法学科 ゼミ(研究室)紹介 > 久野ゼミ (作業療法士)

本文

久野ゼミ (作業療法士)

印刷用ページを表示する 2018年4月16日更新

久野真矢 (教授,作業療法士) 高次脳機能障害学

研究テーマと取り組み

認知機能や環境といった側面から生活機能やQOLについて研究しています.高齢者の認知機能とADL・IADL能力の関連について行ってきた研究結果をもとに評価尺度「認知レベルと対応したADL/IADLスケール(ADL/IADL-COG ver.2.0)」を開発しました.ADL/IADL能力が認知レベルと対応した実行状況にあるのか,認知機能評価尺度(MMSEなど)のスコアから判断できます.ホームページ『ひさのラボ(久野真矢 研究室)』において公開しています.

また,臨床・教育・行政といった様々なフィールドで活躍する作業療法士と次のような共同研究活動を実践しています.

  • 認知レベルと対応したアクティビティケアに関する研究
  • 高次脳機能障害に関する臨床的基礎研究
  • パーキンソン病に対する作業療法に関する研究
  • 環境や生活習慣の観点からのフレイルに関する研究
  • 疼痛に対する作業療法に関する研究
  • 認知症予防に対する作業療法に関する研究
  • リハビリテーション教育,地域医療教育に関する研究

久野 久野講演久野

作業療法フェスタ講演        現職者研修講師               学術誌「作業療法」

学部ゼミ

久野ゼミの紹介をご覧頂きありがとうございます(^^) 久野ゼミでは作業療法実践に活かせることを基本的な視点として、作業を心理・認知的要因、QOL、環境といった様々な側面から相互作用や関連性を理解する研究を中心に行っています。

 

 2020久野ゼミメンバー 

スイーツが大好きな久野先生の元で一緒に楽しく学びましょう(^^)!

 

(2021年度の取り組み)

2021年度は3名の学生が所属して研究活動を行っています。

久野ゼミでは、人の心理・認知的特性(自己効力感、楽観主義、Locus of controlなど)と、作業機能(生活行為を適切にやり遂げている状態)や価値ある活動への参加状況(作業遂行)、作業的有能性といった作業療法の中核的概念の関連性や影響度を調べています。

研究を進めていく中で、作業療法実践においてクライアントの心理・認知的特性を把握し、その人に合わせた関わり方や介入を行っていくことが必要だということを感じています。

 

卒業研究テーマ

年度 研究テーマ  
2021 作業機能障害とLocus of controlの関連:横断研究 木村彩希
Locus of controlと作業遂行の間に関連はあるのか 福本晃希
大学生のLoucus of controlと作業的有能性の関連 吉田栞
2020 作業機能障害と楽観主義,自己効力感の関連性研究 濱口はるな
自尊感情は作業遂行,作業機能と関連があるのか 喜友名茉由
自記式作業遂行指標(SOPI)に特性的自己効力感,楽観主義が及ぼす影響 武内将起
2019 価値ある活動への参加状況(作業遂行)と特性的自己効力感は関連があるのか 遠藤那菜
楽観主義と価値ある活動への参加状況は関連があるのか 小川晃奈
特性的自己効力感と作業機能障害の種類と評価(CAOD)の関連 佐野菜緒子
楽観主義と作業機能障害は関連があるのか 大岸千紗

 

(久野真矢教授の研究者情報)

◆researchmap  ⇒  https://researchmap.jp/hisanpan

◆Website ひさのラボ(久野真矢 研究室) ⇒  https://peraichi.com/landing_pages/view/hisano-lab/

 久野ラボQRコード 

◆外部資金

・科学研究費補助金 基盤研究C(一般)課題番号 19K111491 2019年度~2021年度「認知レベルと対応した認知症アクティビティケア・マトリクスの開発」研究代表者

◆研究論文

・Yuki Hiraga, Shinya Hisano, Ryusei Hara, Katsuhiro Nomiyama, Yoshiyuki Hirakawa: Combining goal setting and achievement with occupational therapy to improve pain, psychological factors, and physical activity in patients after high tibial osteotomy: a non-randomized controlled study. Hong Kong Journal of Occupational Therapy34(1):1-7,2021.

・Yuki Hiraga, Shinya Hisano, Katsuhiro Nomiyama, Yoshiyuki Hirakawa: Activity-pacing and outcomes of total knee arthroplasty: A longitudinal study. Cogent Medicine 7(1):1769316,2020.

・元廣 惇,久野真矢,仲田奈生,山本真理子,藤井寛幸:地域課題解決型授業の教育効果〜CBRプロジェクト前後比較での検討〜.作業療法40(1):126-132,2021.

・青山克実,久野真矢:統合失調症者の作業技能と認知機能障害~AMPSとBACS-Jを用いて~.作業療法ジャーナル55(3):305-312,2021.

◆学会発表

・渡邊達人,久野真矢,高見由美:高次脳機能障害を持つクライエントに対する人間作業モデルに基づいた訪問作業療法の経験.第54回日本作業療法学会

◆社会活動

・日本マインドフルネス研究センター顧問

・日本作業療法士協会学術誌「作業療法」編集委員

・日本作業療法学会演題審査委員

・日本作業療法学会事例登録制度審査委員